• TOP
  • 芸能
  • アニソン歌手・大杉久美子さん 「子供たちが喜ぶ歌」を追求した

芸能

2021.09.12 16:00  女性セブン

アニソン歌手・大杉久美子さん 「子供たちが喜ぶ歌」を追求した

大杉

『アタックNO.1』などの名作アニメソングを歌った歌手の大杉久美子さん

 毎週日曜日夜7時30分から放送され、お茶の間の定番だったテレビアニ“世界名作シリーズ”。

(※“世界名作シリーズ”をどの作品から数えるのかは諸説あるが、今回はシリーズの流れを決定づけた『アルプスの少女ハイジ』からとする)

 女性セブンでは読者1464人を対象に「好きな世界名作シリーズの作品」についてアンケートを実施、主題歌部門で人気ベスト3に輝いたのは、1位『アルプスの少女ハイジ』、2位『あらいぐまラスカル』、3位『母をたずねて三千里』だった。この3作品はもちろん、そのほかの“世界名作シリーズ”の主題歌や挿入歌を数多く歌ったのが、歌手の大杉久美子さんだ。

作曲家からNG連発!でもめげなかった!!

『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』『ペリーヌ物語』の主題歌は、作曲家の故・渡辺岳夫さんが手掛けていた。渡辺さんは当時、『巨人の星』(1968年)や『アタックNo.1』(1969年)などのアニメ主題歌も作曲しており、大杉さんとは、「苦しくったって〜」の歌い出しでおなじみ『アタックNo.1』の主題歌を担当したことで知り合ったという。

「『アタックNo.1』のとき、私は新人でまだ18才。予定していた1日では録音が終わらないほど渡辺先生に絞られました。もうお呼びはかからないと思っていたのに、『アルプスの少女ハイジ』のエンディング『まっててごらん』と3曲の挿入歌『ユキとわたし』『ペーターとわたし』『夕方の歌』にと、渡辺先生からご指名いただき、うれしくも緊張しました」(大杉さん・以下同)

 しかし、ハイジの収録でも、なかなかOKは出なかった。『まっててごらん』は、『ドレミの歌』の雰囲気で歌ってと言われたもののイメージが湧かず、明るくて爽やかな中にも哀愁漂うイメージかなと解釈。NGを出されてもめげずに何度も練習したという。

「渡辺先生は厳しくて、“ほかの歌手ならOKを出すけど、あなたはもう少し歌えるでしょ”と、何度も歌わせるんです。でもほかのスタッフに聞くと、“あの子は一生懸命練習してきてくれるんだよ”とほめてくれていたそうです」

 結果は大ヒット。大杉さんはその後、渡辺さんが作曲した“世界名作シリーズ”5作品の主題歌歌手に指名された。

関連記事

トピックス