芸能

山崎育三郎は「最高の聞き役」 おしゃれイズム後継MC抜擢の背景

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳』舞台挨拶に登場した山崎育三郎

山崎育三郎が新番組でMCに(写真は2019年)

 16年以上続いた人気のトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系、日曜22時~)が9月で終了し、10月10日からは後継番組『おしゃれクリップ』がスタートする。新番組MCに抜擢されたのは、舞台やドラマで活躍中の俳優・山崎育三郎(35)だ。

 2021年の夏の甲子園では大会歌『栄冠は君に輝く』を独唱し、美しくも力強い歌声が大きな感動を呼んだ。12歳でミュージカルの世界に足を踏み入れ、舞台俳優としてのキャリアをスタートさせて、高い人気を誇る山崎育三郎だが、MC経験は少ない。なぜ長寿番組の後継番組MCに抜擢されたのか。

 ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏はその理由をこうみる。

「MCというのは、コミュニケーション能力と全体を俯瞰する力、どちらも必要になってきます。自分を押し出すだけではなく、ゲストの魅力を引き出すために自分の気配を消しつつ、場を上手く回していかないといけない。

 この役回りは、舞台俳優に求められるスキルと近しいものがあります。集中力やその場でやりきる根性、ギリギリの中で自分の力を出しつつ舞台全体にも目を向ける力はまさに舞台で演じるうえで欠かせないスキルです。また、山崎さんには留学経験やクラシック畑を経てドラマ俳優になったという経歴もあり、外から日本を見る視点やいろんな職業への知識があります。クラシックという厳しい世界で競い合う中で経験したであろう挫折があることも、まさに話の聞き役にぴったりだと言えます。山崎さんなら、この難しい仕事ができるんじゃないでしょうか」

 山崎自身の「新しい自分を探す姿勢」もMCに活きてくるという。

「ミュージカルや舞台ってオーディションがたくさんあるんです。選ばれないことはもちろん、僅差でライバルに抜かれるなんてこともたくさんあります。山崎さんはそういった世界で戦ってきただけではなく王子様キャラが定着するほどミュージカルで成功しました。そしてそこに胡坐をかいても大丈夫なくらいの地位を築いたにもかかわらず、それで満足することなく、シリアスな役や荒々しい役にもチャレンジし、自分の幅を広げようと挑戦し続けています。絶えず新しい自分に出会おうと前に進める山崎さんだからこそ、心から共感しながらゲストの話に耳を傾けることができるし、ゲストも心を開くことができる。限られた時間でゲストの魅力を最大限に引き出すことができると思います。

 毎回同じような質問や内容になってはいけないという難しさも番組MCにはあります。変化をつけるには、やはり引き出しが必要。この引き出しというのは、これまでの努力の蓄積が地層のようになっているものです。山崎さんはそれがとても厚いように思います。だからこそ簡単に消費されない。こういう力を見込まれて抜擢されたのではないでしょうか」(山下氏)

関連記事

トピックス