• TOP
  • 芸能
  • 『クイズ!脳ベルSHOW』は予測不能!岡田圭右を疲弊させる大木凡人とのラリーを解析

芸能

2021.09.14 16:00  NEWSポストセブン

『クイズ!脳ベルSHOW』は予測不能!岡田圭右を疲弊させる大木凡人とのラリーを解析

放送1200回を突破、10月で6周年を迎える『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ、番組公式サイトより)

放送1200回を突破、10月で6周年を迎える『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ、番組公式サイトより)

〈岡田圭右:あの、アンナちゃん。凡ちゃんも疲れてるけど、俺も疲れてきてるのよ。
梅宮アンナ:そうですね、そうですね。
岡田圭右:俺も疲れてきてるのよ。〉

 これはBSフジで放送されているクイズ番組『クイズ!脳ベルSHOW』(8月26日放送分)の一コマだ。昭和に活躍した俳優や歌手、スポーツ選手などが回答者となり、ますだおかだの岡田圭右がMCを務める同番組は、10月で6周年を迎える。お笑い芸人の計算されたボケとは違う“昭和スター”の予期せぬ回答に、岡田が右往左往しながら突っ込む。そんな地上波ではあまり見られない展開が松本人志や伊集院光、有田哲平など著名人にも好評を博す理由だろう。

 番組は月曜と火曜、水曜と木曜に4人ずつ回答者が出演し、上位2名ずつが金曜の週間チャンピオン大会に出場。収録は1日5本撮りで、約7時間半にも及ぶ。休憩は1本終わるごとに10分程度があるだけだ。

〈ゲストの方が本当によくしゃべるんで、収録は基本的に押すんです。特に大木凡人さんは長くなる(笑)〉(『週刊プレイボーイ』2019年11月25日号)

 岡田にとって“愛すべき天敵”の大木凡人が、8月25日(水曜)と26日(木曜)に出演した。ちょうど3本目、4本目の収録にあたる。最も辛そうな時間帯に登場した凡人に、岡田はどう対応したのか。

 2日間の両者のやり取りを全て文字に起こし、分析した。すると、岡田の凡人へのリアクションは1日目59反応、2日目26反応と半減していた(クイズに関する普通のやり取り除く)。冒頭の発言からもわかるように、岡田は明らかに疲弊していた。

 一体、どうして疲労が蓄積したのか。凡人への対処法を「笑いにする」「番組を前に進める」「困惑する」「その他」の4系統23パターンに分類し、1日目と2日目を比較してみよう。

関連記事

トピックス