芸能

“クールと滑稽”を自在に操る中島健人 独自の三枚目キャラを確立

複雑な役どころを器用に演じる中島健人(時事通信フォト)

複雑な役どころを器用に演じる中島健人

 中島健人(27才)と小芝風花(24才)がダブル主演を務め、盛況のうちに幕を閉じたドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)。韓国の人気ドラマが原作で、中国でもリメイクされた大ヒット作品とあって、放送を重ねる度に注目を集めていたが、特にはまり役と話題となっていたのが中島の器用な演技だ。中島の魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 とある雑誌編集部を舞台に、中島演じるイケメンエリートと小芝扮する残念女子が巻き起こすラブコメディを描いたドラマ『彼女はキレイだった』。本作は、2015年に韓国で放送された同名作品を日本版としてリメイクしたもの。日本でも多くのファンを獲得している作品のリメイクとなれば高いハードルが生まれるが、原作ファンも納得のドラマに仕上がっていたようである。

 あらすじはこうだ。幼馴染みの長谷部宗介(中島)との17年ぶりの再会を楽しみにしていた佐藤愛(小芝)。しかし再会の日、その場に現れた宗介はいかにもエリート然とした好青年で、かつての冴えない面影は無くなっていた。一方の愛は、かつての優等生少女の面影はなく、宗介はあっさりと彼女の真横を通り過ぎてしまう。悲しみに暮れていたある日、愛が働くことになった雑誌の編集部の副編集長として宗介が着任することになる。真実を言えないまま、宗介との奮闘の日々が始まる。

 本作で描かれるのは宗介と愛の関係だが、彼らを中心に四角関係が展開するのも本作の見どころの一つ。愛の親友・梨沙役として登場する佐久間由衣(26才)は、愛の頼みで「自分が佐藤愛だ」と偽り宗介の前に現われるも次第に宗介に惹かれていき、友情と愛情の狭間で揺れる姿を丹念に演じて作品に緊張感を与えていた。また、編集部員の樋口役を演じた赤楚衛二(27才)も、いつも愛を励ます青年を快活に演じ上げ、作品のトーンに弾みをつける好演を残した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン