芸能

“クールと滑稽”を自在に操る中島健人 独自の三枚目キャラを確立

複雑な役どころを器用に演じる中島健人(時事通信フォト)

複雑な役どころを器用に演じる中島健人

 中島健人(27才)と小芝風花(24才)がダブル主演を務め、盛況のうちに幕を閉じたドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)。韓国の人気ドラマが原作で、中国でもリメイクされた大ヒット作品とあって、放送を重ねる度に注目を集めていたが、特にはまり役と話題となっていたのが中島の器用な演技だ。中島の魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 とある雑誌編集部を舞台に、中島演じるイケメンエリートと小芝扮する残念女子が巻き起こすラブコメディを描いたドラマ『彼女はキレイだった』。本作は、2015年に韓国で放送された同名作品を日本版としてリメイクしたもの。日本でも多くのファンを獲得している作品のリメイクとなれば高いハードルが生まれるが、原作ファンも納得のドラマに仕上がっていたようである。

 あらすじはこうだ。幼馴染みの長谷部宗介(中島)との17年ぶりの再会を楽しみにしていた佐藤愛(小芝)。しかし再会の日、その場に現れた宗介はいかにもエリート然とした好青年で、かつての冴えない面影は無くなっていた。一方の愛は、かつての優等生少女の面影はなく、宗介はあっさりと彼女の真横を通り過ぎてしまう。悲しみに暮れていたある日、愛が働くことになった雑誌の編集部の副編集長として宗介が着任することになる。真実を言えないまま、宗介との奮闘の日々が始まる。

 本作で描かれるのは宗介と愛の関係だが、彼らを中心に四角関係が展開するのも本作の見どころの一つ。愛の親友・梨沙役として登場する佐久間由衣(26才)は、愛の頼みで「自分が佐藤愛だ」と偽り宗介の前に現われるも次第に宗介に惹かれていき、友情と愛情の狭間で揺れる姿を丹念に演じて作品に緊張感を与えていた。また、編集部員の樋口役を演じた赤楚衛二(27才)も、いつも愛を励ます青年を快活に演じ上げ、作品のトーンに弾みをつける好演を残した。

関連キーワード

関連記事

トピックス