国内

「ワクチン接種した人は手を挙げろ」…職場のコロナハラスメント事例

ワクチン接種を強要されたケースも(イメージ)

ワクチン接種を強要されたケースも(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、働く人の労働環境にも大きな影響を与えている。感染者や感染の疑いがある人に対する職場での嫌がらせやいじめ、いわゆる「コロナハラスメント」が後を絶たない。

 日本労働組合総連合会(連合)ではそうした労働者の相談を電話やメール、SNSを通じて受け付けている。なかにはハラスメントの域を超えて、差別や人権侵害にかかわるのではと思わせるような案件もある。以下にいくつか紹介しよう(見出しの後は相談のあった年月)。

◆社長が社員に「夜間勤務」を強制。理由は「夜に出歩くから」(2021年1月)

 Aさん(20代男性)の母親にコロナ感染が発覚。その1週間前に、Aさんは同僚と酒席をともにし、ふたりともAさんの母親に車で送ってもらっていた。検査した結果、ふたりとも陽性の判定。ホテルで隔離療養している時に勤務先の社長から「仕事に復帰した場合は12時から21時の勤務に変更する」同意書のサインを、自分だけ求められた。「元の勤務時間である8時半から17時半に戻して欲しい」と言っても、「夜に出歩くのでダメだ」と言われた。

◆陰性だったのに「1人だけ防護服着用」(2020年3月)

 関西在住のBさん(30代女性)は、2020年2月、九州方面を3泊4日で旅行後、数日経って38.5度の高熱が出たため病院を受診、勤める高齢者施設を欠勤した。施設からは新型コロナの疑いもあるので4日間出勤停止との連絡を受けた。

 その後、PCR検査で陰性判定となり、医師からも新型コロナの心配はないとの診断を受けて、翌日から通常通り出勤しようとしたところ、施設から「5日間は防護服を着用してもらう」と言われた。Bさんは、自分だけ防護服を着用するのには抵抗があるし、変な噂が立たないか不安だという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン