芸能

高田文夫 楽しませてくれた日々を想いつつ“なつメロ”聴いて杯を重ねる

“なつメロ”で一杯

“なつメロ”で一杯

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。秋風が吹くなか亡くなっていく人に思いをはせつつ、なつメロについてつづる。

 * * *
“今はもう秋 誰もいない海”という歌が似合う季節となりました。秋風吹いてひっそり亡くなっていく方達も多く毎日、合掌。

“敏江玲児の敏江”としてテレビ・舞台で必ず爆笑をとった上方漫才。今だったら「DV」だとか言われ、あの暴力的な芸も封印されていただろう。80。

 東京の漫才で“ホームラン”の「勘太郎」。小野ヤスシの弟子として三波伸介の弟子の「たにし」とコンビを組む。私自身が小野、三波と仲が良く仕事もよくしたので若い頃から人の良い勘太郎をよく知る。65。

 女子プロレスの世界ではあの北斗と伝説の髪切りマッチをした元LLPW社長・風間ルミの死去が早過ぎた。55。

 CMの世界では伝説、あの桜井順が亡くなっていたと小さな訃報。野坂昭如が歌った『黒の舟歌』なども能吉利人の名で作品提供。レジェンドは87だった。

 様々楽しませてくれた日々を想い出すとついつい“なつメロ”で一杯、コロナ禍の自室呑みという形になる。今は“なつメロ”とは言わず“カバー”と言うらしい。

 以前もチラッと書いたがクレイジーケンバンドの初のカバーアルバム『好きなんだよ』が素晴らしい出来。9月20日に横山剣に会ったので「『冬のリヴィエラ』『難破船』『接吻』21曲みんないいネ」「いいネ!」と言うので「初のカバーだろ? 第2弾出すようだったらさ、POPSばかりじゃなく男くさいのも出してよ。どうせ悪党だったんだろ。『兄弟仁義』かなんか歌ってくれない」と言うが早いか「待ってました。持ち歌です。『兄弟仁義』は小学校5年の時から人前で歌ってました」だと。『唐獅子牡丹』なんかも歌ってくれると嬉しいな。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン