芸能

市川海老蔵、2人の女性とデート【後編】濡れ髪ホットパンツも、B美さんとラブラブ全詳細

前日とは別の女性とサイクリングデート

前日とは別の女性とサイクリングデート

 小林麻央さんとの交際報道以来、市川海老蔵の交際報道は約12年ぶり。しかも、本誌・週刊ポストが目撃したのは、3泊4日の間に2人の女性と逢瀬を重ねる“熱愛ぶり”だった。(前後編の後編。前編は〈市川海老蔵、2人の女性とデート【前編】倉敷で黒髪美女との早朝密会全詳報〉)

 黒髪美女A子さんと過ごしたその日の夜、米子の高級旅館では別の女性、B美さんが海老蔵を待っていた。B美さんは30歳前後で、ボブカットがよく似合う女優の水川あさみ似。

 海老蔵はこの日の夕方、同旅館にチェックインした。宿泊するのは露天風呂付きで日本海が一望できる特別室だ。

 この豪華な部屋の扉をB美さんがノックしたのは午後10時過ぎだった。

 それからしばらくすると、部屋のバルコニーに、あられもない姿の海老蔵が現れて、ベンチに座って、日本海の海風を浴びて夕涼み。その隣には、海老蔵を見つめるB美さんの姿もあった。

 その1時間後、海老蔵は、《ぼちぼちねよ、》とのタイトルでブログを更新した。旅館のテレビにスマホを接続する写真とともに、《旅のお供はNetflixっす。おやすみなさい》と書き込んだが、海老蔵はこの時、B美さんと2人きりの時間を過ごしていた。本当の“旅のお供”は映画ではなく、B美さんだった。

 この日、更新されたYouTuber動画のタイトルはこうだ。

《【癒し】舞台で頑張っている海老蔵パパに、子供たちがマッサージのプレゼント!》

 海老蔵は、以前撮影していた、勸玄とぼたんからマッサージを受けて「うまいね、2人とも」と感激する様子をアップした。視聴者からは「感動して涙が出た」「ウルウルした」というコメントもあった。

 B美さんが海老蔵の部屋を出たのは、深夜1時半を回った頃だった。

 翌日は公演の狭間で完全オフ。海老蔵は丸一日、B美さんと過ごした。午前10時半過ぎ、海老蔵とB美さんがレンタサイクルで旅館を出発。田園風景の中を自転車で並走する2人の姿は青春映画の一コマのようだ。

 先を行くのは必ず海老蔵。自転車を立ちこぎしながら、口笛を吹き、上機嫌にサイクリング。その後を笑顔のB美さんが追いかけて行く。

 日本海に注ぐ川をまたぐ橋の上では、海老蔵はしばしば立ち止まってスマホで風景の写真撮影。その写真もすぐあとにブログにアップされた。

 その後、2人はショッピングモールへ。ここでも海老蔵はサイクリングやモール内の様子をほぼリアルタイムでブログにアップして“実況中継”を行なったが、ブログに掲載された写真にはB美さんの影も形もなかった。

関連記事

トピックス

羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
生配信イベントに登場した錦戸(左)と赤西(右)
赤西仁&錦戸亮に“無礼”な質問、山下智久はエキストラ扱い…中国SNSコラボでの「日本ではありえない」大誤算
女性セブン
発酵食品のYouTube企画も行う
『ブギウギ』撮影秘話 母親ツヤ役・水川あさみ、別れのシーンで号泣する趣里を前に涙こらえられず“台本無視”
女性セブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
母親について語る柴田理恵(撮影/黒石あみ)
柴田理恵「裸足のまま放り出されたり、鳥小屋に閉じ込められたりしました(笑い)」それでも母親の介護を続ける理由
NEWSポストセブン
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン