ライフ

駆け落ち婚だった島田洋七 妻の実家から届いた布団の温かさと和解の手紙

B&Bは漫才ブームを牽引した(時事通信フォト)

妻とは駆け落ち婚だった(時事通信フォト)

「おふたりは東京からニューヨーク、おれらは佐賀から大阪。一緒やん、と思って……」

 渦中の秋篠宮家長女・眞子さまと小室圭さんの姿にかつての自分を重ね合わせて振り返るのは、タレントの島田洋七(71才)。漫才コンビB&Bとして「もみじまんじゅう!」のギャグで1980年代の漫才ブームを牽引し、その後に人気が急降下して危機を迎えるも、人情味あふれる自身の祖母を描いた自伝小説『佐賀のがばいばあちゃん』の大ヒットで息を吹き返し、介護のため佐賀に移住……。ジェットコースターのような人生に寄り添う妻とは、駆け落ち婚で結ばれた。

 洋七が妻を見初めたのは、故郷・広島の大学を中退して、祖母の住む佐賀を訪れていたときだった。たまたま入った喫茶店で鉢合わせしたふたりは意気投合。たちまち結婚を意識する“運命の相手”となったが周囲は猛烈に反対した。

「嫁の実家に挨拶に行っても、お父さんには会ってもらえなかった。そりゃそうや。こっちは就職もせず、八百屋でアルバイトしとったからね。うちの親や親戚も『ちゃんとした仕事についてからでないとダメだ』とみんな反対だった。だけど唯一、がばいばあちゃんだけは『おりたい人とおるのがいちばんいいんじゃないの』と言ってくれたんよ」(洋七・以下同)

 当時成人したばかりの洋七に大人たちの声は届かなかった。ずっと地元で暮らしてきたふたりは「都会に住みたい」との一念で故郷を離れ、先輩のつてを辿って大阪へと出奔した。出会いからわずか半年後のことだった。洋七はそこで生涯をかける仕事に出会うことになる。

「先輩の奥さんから『大阪は漫才と新喜劇が名物だから見に行ったら?』と言われてなんば花月で吉本新喜劇を見たことがきっかけで、漫才師になりたいという夢を持つようになりました。舞台の面白さはもちろんのこと、終わった後に、当時出演していた笑福亭仁鶴さんや中田カウスさんが次々と高級外車に乗って帰って行くのを見て、『15分しゃべってロールスロイスやポルシェに乗れるなんて、ええ商売や。おれはぜったいコレになる』と思ってしまって……(笑い)」

 つてを頼って吉本興業に入ったが、下積み時代の生活は苦しかった。

「新婚生活は4畳半のアパートを借りてスタートさせました。妻も働いていたけれど、最初の1年半くらいはしんどい思いをしました。同じ頃吉本に入った間寛平がよく遊びに来て、腹が減ったけど金がない。食材は食べ尽くしてしまって冷蔵庫にあったケチャップとマヨネーズを寛平とふたりで人差し指につけて舐めているのを見つかって、嫁さんに『何してるの、あんたたち!』と怒られたこともあった(笑い)」

 多くの夫婦問題にかかわってきた夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、駆け落ち後、シビアな現実に直面するケースは多いと指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン