芸能

草笛光子と天海祐希 映画共演ですっかり意気投合、その不思議な共通点

草笛光子と天海祐希が意気投合したワケ

草笛光子と天海祐希が意気投合したワケ

 金融庁の審議会が老後資金が2000万円不足するとの報告書を公表してはや2年。この発表が各家庭の財布のひもを固くしたことは間違いない。そんな家族の心の叫びのようなタイトルの映画『老後の資金がありません!』が、10月30日に公開される。

 ヒロインは天海祐希(54才)の演じる主婦・篤子だ。夫の勤める会社が倒産し、自分はパートをクビになり、義父の葬儀と娘の結婚式に想定外の出費がかさむのに、老人ホームで暮らす金遣いの荒い義母には毎月、仕送りをしなくてはならない。もはや、老後の資金を貯められる状況ではなくなってしまう。篤子を悩ませる義母・芳乃を演じるのは草笛光子(87才)だ。

「草笛さんにとってこの作品は“異作”と言っていいと思います。人助けのためにと年金詐欺を働くことになった芳乃は、毒蝮三太夫さん(85才)が演じる、行方不明の老人の替え玉を務めるのですが、そのメイクがかなり本格的なおじいちゃんなのです。『きたねえババアだな』と毒蝮さん流の表現で褒められていましたよ」(映画関係者)

 その扮装は草笛が、ヒット祈願のイベントで「見ていただきたくない」と語り、インタビューでも「大きなスクリーンでアップで出たら女優人生も終わり」とこぼすほどの出来だったという。とはいえ、一昨年のうちにクランクアップしていた撮影現場は、和気藹々とし、かつ、ほどよい緊張感に満ちていた。

「とにかく、草笛さんと天海さんの会話のテンポが抜群なのです。カメラが回っているときはもちろん、待ち時間のちょっとした会話でも、常に、気の合ったところを見せていて、周囲は“さすがだ”と圧倒されていました」(別の映画関係者)

 2人が、今回のように主要キャストとして本格的に共演するのは初めてだが、かつて、2002年のNHK大河ドラマ『利家とまつ』や単発ドラマでは共演歴がある。

「『利家とまつ』の天海さんは、すでにドラマや映画にと活躍していましたが、まだまだ宝塚歌劇団の男役のイメージが強く残っていました。そのため、撮影現場では、着物を着た草笛さんの所作を、食い入るように見入って学ぼうとしていたのを覚えています」(ドラマ関係者)

 それから20年近くが経っての義理の母娘役ということだ。

 宝塚の元トップスターという過去を持つ天海と、松竹歌劇団の人気者だった草笛には、実は不思議な共通点がある。

「松竹歌劇団出身ではありますが、草笛という芸名は、宝塚の女優からとったものなんですよ。幼少期にはバレエを習っていたそうですが、それは天海さんも同じです。そして、美貌と歌声だけを頼りにせず、しっかりとコメディーを演じられる実力を持っているところも、2人ともよく似ています」(舞台関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン