• TOP
  • 芸能
  • 草笛光子と天海祐希 映画共演ですっかり意気投合、その不思議な共通点

芸能

2021.10.17 07:00  女性セブン

草笛光子と天海祐希 映画共演ですっかり意気投合、その不思議な共通点

草笛光子と天海祐希が意気投合したワケ

草笛光子と天海祐希が意気投合したワケ

 金融庁の審議会が老後資金が2000万円不足するとの報告書を公表してはや2年。この発表が各家庭の財布のひもを固くしたことは間違いない。そんな家族の心の叫びのようなタイトルの映画『老後の資金がありません!』が、10月30日に公開される。

 ヒロインは天海祐希(54才)の演じる主婦・篤子だ。夫の勤める会社が倒産し、自分はパートをクビになり、義父の葬儀と娘の結婚式に想定外の出費がかさむのに、老人ホームで暮らす金遣いの荒い義母には毎月、仕送りをしなくてはならない。もはや、老後の資金を貯められる状況ではなくなってしまう。篤子を悩ませる義母・芳乃を演じるのは草笛光子(87才)だ。

「草笛さんにとってこの作品は“異作”と言っていいと思います。人助けのためにと年金詐欺を働くことになった芳乃は、毒蝮三太夫さん(85才)が演じる、行方不明の老人の替え玉を務めるのですが、そのメイクがかなり本格的なおじいちゃんなのです。『きたねえババアだな』と毒蝮さん流の表現で褒められていましたよ」(映画関係者)

 その扮装は草笛が、ヒット祈願のイベントで「見ていただきたくない」と語り、インタビューでも「大きなスクリーンでアップで出たら女優人生も終わり」とこぼすほどの出来だったという。とはいえ、一昨年のうちにクランクアップしていた撮影現場は、和気藹々とし、かつ、ほどよい緊張感に満ちていた。

「とにかく、草笛さんと天海さんの会話のテンポが抜群なのです。カメラが回っているときはもちろん、待ち時間のちょっとした会話でも、常に、気の合ったところを見せていて、周囲は“さすがだ”と圧倒されていました」(別の映画関係者)

 2人が、今回のように主要キャストとして本格的に共演するのは初めてだが、かつて、2002年のNHK大河ドラマ『利家とまつ』や単発ドラマでは共演歴がある。

「『利家とまつ』の天海さんは、すでにドラマや映画にと活躍していましたが、まだまだ宝塚歌劇団の男役のイメージが強く残っていました。そのため、撮影現場では、着物を着た草笛さんの所作を、食い入るように見入って学ぼうとしていたのを覚えています」(ドラマ関係者)

 それから20年近くが経っての義理の母娘役ということだ。

 宝塚の元トップスターという過去を持つ天海と、松竹歌劇団の人気者だった草笛には、実は不思議な共通点がある。

「松竹歌劇団出身ではありますが、草笛という芸名は、宝塚の女優からとったものなんですよ。幼少期にはバレエを習っていたそうですが、それは天海さんも同じです。そして、美貌と歌声だけを頼りにせず、しっかりとコメディーを演じられる実力を持っているところも、2人ともよく似ています」(舞台関係者)

関連記事

トピックス