ライフ

【書評】「読む」という創造的行為でサリンジャーの小説を「書き直す」

『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』著・竹内康浩、朴舜起

『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』著・竹内康浩、朴舜起

【書評】『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』/竹内康浩、朴舜起・著/新潮選書/1650円
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 ある書籍の企画で、片岡義男氏とサリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」の冒頭を翻訳しあったことがある。そのときに、シーモアの妻の「脚の組み方」が話題になった。膝のところで組んでいるのか、足首を交差させているのか、確かそんなやりとりだったと思う。『謎ときサリンジャー』では、妻が足を組むという細かい動作も謎ときの手がかりになる。

「バナナフィッシュ…」は、作者の「グラス一家サーガ」の第一巻となる短編で、その後に、『ナイン・ストーリーズ』、『フラニーとゾーイ』、「シーモア序章」などがつづく。一九五〇年代、フロリダのリゾートホテルの一室で、三十一歳の男「シーモア・グラス」が拳銃自殺を遂げた―「バナナフィッシュ…」の衝撃のラストはこのように捉えられてきた。シーモアの戦争体験による心的外傷が一因だという解釈が一般的だった。しかしこの「謎とき本」は、この死が未来において予告された必然のものだと解く。そこから、本当に死んだのはシーモアだったのか?と、問うのだ。

 さらに、作品後半で、シーモアの星座が間違っている件や、どうして「シーモア」と言わずに「若い男」としか言わないのか?という、読者が見過ごしていた疑問を次々と突きつけ、作者の他作品とも緻密に関連づけて読み解いていく。

 有名なsee more glass(「もっとグラスを見なさい」とも聞こえるし、「シーモア・グラス」にも聞こえる)という言葉遊びの真意は? 「おまえの星々を出してくれ」という「シーモア序章」の台詞の意味はなにか? また、サリンジャーにとって、「義足」がどんな役割をもっているのか? 阿波研造の弓道術、オイゲン・ヘリゲルの『弓と禅』、そして芭蕉の句や鈴木大拙の俳句論へ(芭蕉とはバナナの葉のことだ)。

 そこには生と死の固定観念を覆すような境地が待っている。「読む」という創造的行為でもって、小説を「書きなおす」とはこういうことだと実感した。

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン