芸能

Suchmos・HSUさん死去 地元紙に乗った小さな記事を繋ぐ“点と線”

小杉さん

「Suchmos」のベーシストの小杉隼太さん。大学は音大のジャズ科で学んだ

《7日午前7時10分ごろ、相模原市南区東林間5丁目の小田急江ノ島線の東林間~中央林間間で、同区在住の音楽家の男性(32才)が藤沢発新宿行きの急行電車にひかれ、死亡した》

 10月8日、神奈川県の地元紙の片隅に載った小さな記事だ。報道から1週間後、NHK紅白歌合戦にも出場した神奈川県を拠点とする32才の人気アーティストの死が、所属事務所によって公表された。

《「Suchmos」のベーシスト、「HSU」こと小杉隼太さんが永眠いたしました》

 この哀しき点と点は、非業の線として繋がる──。

 Suchmosは、2013年に結成された男性6人組のバンドだ。ロック、ソウル、ジャズ、さまざまな音楽ジャンルを取り入れて、唯一無二の世界観を創り上げて人気を博す。2018年にはサッカーW杯のNHKテーマソング『VOLT-AGE』が話題になり、同年の紅白歌合戦にも初出場するなど、活躍の場を広げていた。

「なかでも小杉さんは、小学校に入る前からギターを始め、大学でジャズを学んだ経歴があり、楽曲制作面で欠かせないメンバーでした。多くの作品の作詞まで手がけています」(音楽関係者)

 あまりに若く、そして突然の訃報に音楽業界は瞬く間に悲しみに包まれた。ダウンタウンの浜田雅功(58才)の息子で、自身もベーシストである友人のハマ・オカモト(30才)は《隼太ありがとう!会いたいよ!》《ついこの間、バカみたいに褒め合ったけど、まだ足りないよ》と自身のSNSに投稿して死を悼んだ。

 そして、悲しみの淵の深さを誰よりも強く語ったのは、彼らとは年齢も音楽性も異なる歌姫、松任谷由実(67才)だ。

《この悲しさ、この悔しさを、どう表したらいいんだろう。きっと彼のベースは既に超越していたから、早く音楽の神様に召されたのだと思う》と始まり、《また会いましょうね。そしていつか一緒に音楽しましょうね》と締めくくられた長い“弔文”を送った。

 意外にも思える2人の接点だが、ユーミンはこれまで、Suchmosのメンバーとステージ上で共演してきた。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン