芸能

日本では無名、世界は大注目 「新しい学校のリーダーズ」の魅力

学生服姿の女性4人組「新しい学校のリーダーズ」(提供写真)

学生服姿の女性4人組「新しい学校のリーダーズ」(提供写真)

 TikTokのフォロワー数320万人を誇るダンス&ヴォーカルパフォーマンスグループ「新しい学校のリーダーズ」が、9月からスタートさせたライヴツアー「無名ですけど東名阪福ワンマン〜アイツの弱点パイナポー!〜」の最終公演を10月16日に終えた。日本のお茶の間ではまだ“無名”に近いが、実は世界から大注目されている存在なのだ。なぜ彼女たちは、多くのファンを魅了するのか。

 2015年に結成された新しい学校のリーダーズは、MIZYU(22)、RIN(20)、SUZUKA(19)、KANON(19)の4人からなるグループ。セーラー服の衣装をトレードマークに、歌やダンスを中心としたパフォーマンスを行なっている集団だ。結成当初はCMやMVで音源を発表していたが、2017年に1stシングル「毒花」でメジャー・デビューを果たしている。

 これまでに『マエナラワナイ』(2018年)と『若気ガイタル』(2019年)の計2枚のアルバムをリリースしており、楽曲はPE’Zや東京事変での活動でも知られるピアニスト、H ZETT Mがプロデュース。軽快なダンス・チューンやメロディアスなポップ・ソングから昭和歌謡を現代的にアップデートしたジャジーな楽曲まで、バラエティ豊かな音楽性がライトなリスナーもコアな音楽ファンも虜にしている。

 2021年1月にはアジアのカルチャーを発信しているアメリカのレーベル88risingと契約を結び、ATARASHII GAKKO!名義でシングル「NAINAINAI」を発表。3月にはインドネシア・ジャカルタのラッパーであるウォーレン・ヒューをフィーチャーした「FREAKS」、9月にはビースティー・ボーイズやベックのコラボレーターとしても知られるキーボーディスト、マニー・マークがプロデュースを手掛けた「Pineapple Kryptonite」を発表するなど、精力的に活動を続けている。

 すなわち、お茶の間では“無名”かもしれないが、着実にキャリアを積み、世界を視野に入れたスケールの大きな活動を行なっているのである。そう考えると、好評のうちに終えたライヴツアー「無名ですけど東名阪福ワンマン〜アイツの弱点パイナポー!〜」のタイトルの意味合いも変わってくるだろう。世界デビュー直前の彼女たちにインタビューを行ったライターの中村裕一氏はこのように説明する。

「今回のツアー名につけた“無名ですけど”はあくまでも謙遜。彼女たちが所属する事務所はきゃりーぱみゅぱみゅが籍を置くアソビシステム、所属レーベルはアジアのカルチャーを世界に発信する88risingと、その動向は常に世界に向けて発信されるので、無名どころか唯一無二の存在です。そもそも目指している方向とスケールが違います。その証拠に彼女たちのツイッターには世界中からコメントが寄せられており、そのワールドワイドな人気を物語っています」(中村氏)

パワフルなステージが話題(提供写真)

パワフルなステージが話題(提供写真)

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン