芸能

「配役が完璧」木下ほうかが唸った! 原作者・沖田臥竜氏と対談

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと語り合った

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと語り合った

「ムショぼけ」──一般の人にはまったく馴染みのない言葉だが、妖しげでシリアスであると同時に、どこかコミカルな響きも併せ持つ持つタイトルの連続ドラマが、この秋、沸々と話題に上り始めている。

 俳優の北村有起哉(47才)主演のドラマ『ムショぼけ』(ABCテレビ・日曜23時55分~、テレビ神奈川・火曜23時~)は、長い刑務所暮らしで社会と隔離されていた元ヤクザの中年男性の主人公が、出所後に世の中の環境の変化についていけずに戸惑う(ムショぼけ)姿を、コミカルに描いたヒューマンコメディーだ。

 このたび、ドラマの原作小説『ムショぼけ』(小学館文庫)の著者で、元ヤクザ最高幹部という異色の経歴を持つ小説家、沖田臥竜さん(45才)と、主人公の元兄貴分で、ヤクザ引退後は自営業を細々と営む枯れた初老の平松をドラマで演じる、ベテラン俳優の木下ほうか(57才)の異色対談が実現。ドラマ制作の秘話などを語り合った。

木下:まずは主人公の陣内宗介を演じる北村(有起哉)さんの演技が素晴らしかったです。ドラマのロケ地はすべて、原作小説の舞台である兵庫・尼崎を中心とした関西。コッテコテの関西弁をみんなで使いまくるわけですが、北村さんもすっかり関西人と勘違いされてますよね。北村さんは東京生まれ、東京育ちの人。なのに、関西人から関西人と間違われるって、これはすごいことですよ。

沖田:撮影前の企画段階で「主演を誰にするか」のキャスティングは本当に大変でした。第一条件は、もちろん関西弁。だから40代の関西人を探して、演技の上手な芸人からミュージシャンまで検討したのですが、誰もハマりませんでした。そんな中で、企画プロデュースの藤井道人監督の推薦で、監督の今年1月公開の映画「ヤクザと家族 The Family」に出演していた北村さんはどうだろうか、となったんです。北村さんとは映画の現場で知り合って、真面目に取り組まれる人柄も知っていました。

木下:この撮影の直前に、たまたま別の作品で北村さんと共演していて、そのときに、僕が「ムショぼけ」の役作り用にと、自分の関西弁を録音したものを渡したこともありました。僕は、若手のころに映画やドラマの方言指導をしたことが何度もあったんです。でも、関西弁はとても複雑で、私は日本の方言のなかでもいちばん難しい方言のひとつだと思っています。だから、他の地域出身の俳優さんで、ちゃんとできている人を見たことがなかった。それを見事に会得した北村さんは、すごい役者だなと感服しました。

【北村が演じる主人公の陣内は、敵対する組の親分を襲撃した罪で14年間の長期の懲役刑を科される。そこからやっと出所したら、世間ではガラケーがスマホに、メールはLINEアプリに変化していた。獄中離婚で、元妻と娘息子は行方知れずの陣内は、ムショぼけと悪戦苦闘。所属していた組織は解散し、木下が演じる元兄貴分は、よぼよぼの自営業者になった。一方、薄情な元子分は人気YouTuberに転身──そんな個性的な登場人物がズラリと揃う。

 放送済みの第3話目までの回想シーンでは、木下は、サングラスに黒スーツのヤクザ幹部としてコワモテに立ち回る。一方、劇中の現在シーンでは、小さな内装業の社長を白髪姿で弱々しく演じている】

木下:僕は、ドラマの後半回で再び現役時代のシーンも出てくるので、最後まで見てほしいです。

沖田:ほうかさんは空手経験者なので、アクションがすごかった。現場でも映像でも拝見しましたが、劇中の現役時代のあだ名「雨の吸血鬼」がぴったり。自分が生み出したキャラクターやのに、それを軽々と超えてくださった。過去と現在のギャップがすごいけれど、あくまでも同一人物。そこが見事なバランスでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス