国内

新型コロナ「ニューデルタプラス」出現 第6波は12月〜1月が要注意

日本では時短解除で日常が戻りつつある(東京・渋谷=共同通信社)

日本では時短解除で日常が戻りつつある(東京・渋谷=共同通信社)

 肝心の日本の今年の感染状況をみると、1月、5月、8月に感染者が山場を迎えた。どうやら3~4か月の周期で波が来ているようだ。ということは、第6波がやってくるのは11~12月になるのだろうか──。一石さんはこう言う。

「周期性を考えると、寒さが厳しくなる12月から1月にかけて注意が必要です。ワクチン接種が進んだとはいえ、3割が未接種である『7割の壁』が存在し、国内でも感染が再拡大する恐れがあります。特に年末年始は忘年会や新年会が多いシーズンで人流が激しくなるので、変異株対策が急務です」

 室井さんは「年明け」に着目する。

「アルファ株は昨年の秋口にイギリスで流行し、日本で話題になったのは年明けでした。今後、ニューデルタプラスが日本で蔓延していくのも、アルファ株同様に来年の年明けになる可能性があります」

 血液内科医の中村幸嗣さんは「あと3か月は大丈夫ではないか」と指摘する。

「日本はイギリスから3か月以上遅れてワクチン接種を始めました。さらに第5波で大量の感染者が出たので、いまは国民の7~8割が免疫を持っている状態と言えます。なので、よほど強い変異株が登場しない限り、あと3か月は抗体を維持することができると考えられ、感染拡大の可能性は少ないはずです」

 そのうえで中村さんは「動くならいま」と呼びかける。

「いまが最も安全な時期で、『遊びにいくならいま』と言っていい。むろん完全に無防備でいいのではなく、マスクや手洗いなどの感染対策をしっかりすることが欠かせませんが、年内の忘年会や食事会、旅行などは問題ないと考えられます。ゼロリスクではないけれど、きちんと配慮すれば自由に行動しても大丈夫でしょう」

 規制が解除されたいまこそ、コロナを過剰に恐れるのではなく、敵の正体を見極めて賢く行動することが求められる。

※女性セブン2021年11月11日・18日号

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン