国内

新型コロナ「ニューデルタプラス」出現 第6波は12月〜1月が要注意

9月中旬からイギリスではワクチンの3回目接種が始まった(写真/アフロ)

9月中旬からイギリスではワクチンの3回目接種が始まった(写真/アフロ)

 二木さんが言う。

「そもそもウイルスは2週間に1回は変異を起こし、ウイルスが生き残るのにより効率のよい状態に変わっていきます。それはデルタ株も同じ。詳しいことはまだわかっていませんが、ニューデルタプラスは従来のデルタ株よりも感染力が10%ほど強いといわれています。すでにイギリスの症例の7~8%を占めるとされます」

 この先、日本にもニューデルタプラスが流入する恐れがある。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんの指摘。

「海外との往来が増え始めた現在、これまでの国内の過去の事例からも、ニューデルタプラスが日本に流入する可能性は充分にあります。ワクチン接種が進んだ日本も決して油断はできません」

 第5波で日本を窮地に陥れたデルタ株より強力なウイルスが国内に流入したら、悪夢の再来は免れない。

遠出するならこの3か月

 注目したいのは、感染拡大の背後に特定のサイクルが見え隠れすることだ。「強力な変異株」が出現するごとに感染者が急増しているように見える。たとえばイギリスは、昨年12月にアルファ株の感染拡大で1日8万人の感染者を出したのち、ワクチン接種が進んで徐々に感染者が減少した。だがその後、感染が再拡大し、今年7月に感染者が1日5万人を超えた。

「デルタ株のせいで感染者が増えているのは確かだ」

 当時、ジョンソン首相はそう変異株の脅威を認めた。それから3か月が経過した現在、ニューデルタプラスの登場とともにイギリスは感染者が激増。ロシアもイギリスと同じサイクルを辿り、昨年12月にピークを迎えた後、いったん落ち着き、7月に再び山場を迎えた。そしてこの10月に感染爆発している。ウイルスの変異と感染拡大の関係について、医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが指摘する。

「ウイルスは、遺伝子の突然変異でウイルスたんぱく質が変化して病原性や感染力が変わります。ワクチンなどで人類に感染が広がらない『壁』ができると、ウイルスは変異して病原性や感染力などを強めて、その壁を打ち破ろうとします。つまり、ウイルスの変異はコロナの流行につながるのです」

 一石さんが続ける。

「ウイルスは弱肉強食で、弱いものが淘汰されて強いものが蔓延します。なので、いったん感染拡大が止まっても、より強力なウイルスが出現して感染が広がる可能性がある。この先、日本に流入するかもしれないニューデルタプラスも同様です。イギリスと同じ変異株ではなく感染を繰り返し、さらに強力に鍛えられた『スーパーニューデルタプラス』となって日本にやってくるかもしれません」

関連記事

トピックス