ライフ

半蔵門ミュージアム【3】曼荼羅を見た壇蜜「いずれは誰しも仏になる」

『両界曼荼羅』覚仙筆 絹本着色 1706(宝永3)年

『両界曼荼羅』覚仙筆 絹本着色 1706(宝永3)年

 日本美術応援団団長で美術史家・明治学院大学教授の山下裕二氏と、タレントの壇蜜が、日本の美術館や博物館の常設展を巡るこのシリーズ。今回は東京都・千代田区の半蔵門ミュージアムの第3回。2人が、奈良・東大寺の秘仏と重なる執金剛神(しゅこんこうじん)の姿に見とれる。

山下:半蔵門ミュージアムの常設展示は2つのエリアに分かれ、《ガンダーラの仏教美術》では『王の帰依と涅槃』など、2~3世紀頃のガンダーラ仏伝浮彫でお釈迦様の生涯を辿ります。

壇蜜:表情や衣の質感まで細やかに彫られています。

山下:下段で横たわるお釈迦様の足元にいるのはお釈迦様が悟りを開くのを妨げようとした魔王と娘です。

壇蜜:マーラですね。皆が悲しみに暮れる中、複雑な表情で何を思うのか……。

山下:枕辺で手を挙げお釈迦様の死を嘆くのは執金剛神。金剛杵を執って仏法を守護する神さまで、奈良の東大寺法華堂で年に1日だけ拝観できる国宝の秘仏と同じです。

 仏教美術はインドやガンダーラ=今でいうパキスタンやアフガニスタンあたりで生まれ、中央アジア、中国、朝鮮半島など諸国を経て日本へ渡ってきたもの。《祈りの世界》のエリアに展示されている『両界曼荼羅』も空海によって、中国から日本へ持ち込まれました。

壇蜜:神仏の世界が楽しそうに描かれ、仏さまがなんてかわいいのでしょう。

山下:曼荼羅は大日如来を本尊とする密教世界を無数の仏さまで表わし、「言葉では伝えられない、絵画でしか伝えられないものがある」ことを示しています。

壇蜜:曼荼羅を見れば人は死への恐怖が和らぐ気がします。神仏と同じ世界に今自分もいることが感じられて、いずれは誰しも仏になるのだと心が定まります。

【プロフィール】
山下裕二(やました・ゆうじ)/1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻、小学館刊)監修を務める、日本美術応援団団長

壇蜜(だん・みつ)/1980年生まれ。タレント。執筆、芝居、バラエティほか幅広く活躍。近著に『三十路女は分が悪い』(中央公論新社刊)

●半蔵門ミュージアム
【開館時間】10時~17時半(最終入館は閉館30分前まで)
【休館日】月曜・火曜(祝日、振替休日の場合も休館)、年末年始、臨時休館あり
【入館料】無料
【住所】東京都千代田区一番町25

撮影/太田真三 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン