芸能

泉ピン子、えなりかずきと絶縁継続中 ラジオで「あのガキ!」と激怒

泉ピン子が怒った

泉ピン子が怒った

 10月23日、泉ピン子(74才)が和田アキ子(71才)のラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に生出演。ピン子が怒りを込めてこう叫んだ。

「誰のおかげで、あのガキもほんとに!」

「ガキ」呼ばわりしたのは、えなりかずき(36才)のこと。2019年に報道された自身とえなりの共演NG問題がまだ尾を引いていることを告白した。騒動から2年、あの“親子”の問題は決着するどころか溝を深めていた。

「不仲報道の決着がついていないとは思っていたのですが、まさか生放送で暴露してしまうほど拗れているとは……アッコさんも驚いていましたよ」(芸能関係者)

 2人は1990年に始まったドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で、中華料理店「幸楽」に嫁いだ小島五月とその長男・眞を演じてきた。“親子関係”の亀裂が決定的になったのは、2019年10月のこと。脚本家の橋田壽賀子氏(享年95)が『週刊女性』の連載コラムで、えなりがピン子に対し「共演NG」を出していると綴ったのだ。

 えなりの子役デビューは5才。ピン子は演技について厳しく指導しつつも、カメラの外では食事を共にしたり、プレゼントを贈るなど、息子のようにかわいがった。そんな2人がなぜ共演NGに至ったのだろうか。

「ピン子さんは厳しく演技指導するだけでなく、私生活にまで口を出した。『アンタの結婚相手は私が認めないとダメよ』と冗談とも本気ともつかないことを言っていました。子供の頃ならよかったけれど、そういう発言が大人になってからも続いたんです」(ドラマ制作スタッフ)

 ピン子の振る舞いに、本人以上に不快感を募らせたのが、マネジャーとして現場に付き添う、えなりの母親だった。母親は次第に「そこまで言われる必要があるのか」と周囲にグチをこぼすようになったというが、ある日、彼女の発した陰口がピン子の耳に入った。

「それを聞いたピン子さんは大激怒。えなりさんに『母親から自立した方がいい』と迫り、それを聞いたお母さんも『母親気取りもいい加減にして!』とキレてしまった」(前出・ドラマ制作スタッフ)

 かくして犬猿の仲になった“2人の母親”の間に立たされ、えなりは苦悩の日々を送ることに。ピン子と控室で一緒になったり、廊下ですれ違うだけで発疹が出るようになったという。

「『渡鬼』のレギュラー放送が終わった2011年、単発のスペシャルドラマの出演を打診すると、えなりさんがとうとう降板を申し出たんです。えなりさんが、何度もプロデューサーの石井ふく子さんに頭を下げ、結局、同じ場面での出演はなしという折衷案に至りました」(TBSのドラマ関係者)

 今年に入り、えなりは橋田氏に謝罪の手紙を送ったという。ピン子とはうまくいかずとも、眞というキャラクターを作り出してくれた橋田氏には、大きな恩を感じていたのだろう。前述のラジオではピン子の口から、その手紙の行方についても語られた。

「橋田先生は(えなりが)嫌いだから、許さないって言ってたから、お手伝いさんがえなりの手紙を読ませなかったんだって。だから、えなりは先生は手紙を読んでくれたと思っているだろうけど、読んでないんだよ!」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン