国内

小室圭さん、司法試験不合格「カマラ・ハリスも落ちた」は”プラス材料”になる?

小室圭氏が外出した

司法試験に不合格だった小室さん。来年2月に再受験か

 苦難を乗り越えてようやく結婚というゴールに辿り着いた秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さんに、またしても越えなければならない壁が立ちはだかった。今年7月、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験を受験し、現地の法律事務所で働く予定だった小室さんだったが、試験の結果は不合格。物価の高いニューヨークで生活していくためには高収入を得る必要があるが、いきなり暗雲が漂ってきた。

「“普通のカップル”なら生活費を抑える方法はいくらでもありますが、皇室関係者である眞子さんはそういうわけにはいきません。ニューヨークの中でも治安が良い地区で、なおかつセキュリティがしっかりとした物件を選ぶ必要があり、すでに目処を付けている物件は家賃が月額80万円と言われています。

 小室さんがもし司法試験に合格していれば、弁護士として初年度から2000万円前後の年収が得られる見込みでしたが、現在の法務助手のままなら年収は600万円程度。眞子さんは結婚の際に支給される一時金も辞退しており、遠からず生活が立ち行かなくなることは明らかです」(皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮さまは2人の結婚の条件として、「国民から広く祝福されること」と「経済的基盤の確保」をお求めになったが、1つならず2つとも実現が難しくなる可能性さえ出てきた。小室さんは来年2月の司法試験に再挑戦する意向といわれるが、果たして次は大丈夫なのだろうか?

 元財務官僚で米ニューヨーク州弁護士資格を持つ山口真由氏は、『あさパラS』(読売テレビ)で「(アメリカ副大統領の)カマラ・ハリスさんもカリフォルニア州の弁護士試験を1回落ちています」と、小室さんをフォローした。

「確かに、あれだけの大物も一度落ちていて、その後、弁護士となり今は副大統領というポジションにいるというのは、勇気づけられる話です。ただ、ニューヨーク州の弁護士資格を持つ国際弁護士の清原博氏はスポニチの取材に、『当時のカリフォルニア州の司法試験は別格で難しく、“落とすための試験”と批判を受けたほど狭き門だった』と指摘していました。州やその年によって試験の難易度は異なりますし、カマラ・ハリスとは比べられないでしょう。

 これまで小室さんは、ロースクールで司法試験に向けた勉強に集中できる環境でしたが、今後は法律事務所で働きながら試験勉強をすることになります。救いがあるとすれば、日本の司法試験は年1回ですが、ニューヨーク州は年2回。半年でチャンスが巡ってきますが、次がダメだったらいよいよ厳しい目が注がれることになる。文字通り“背水の陣”での挑戦になるでしょう」(皇室問題を取材するフリー記者)

 仮に2度も落ちれば、法律事務所での立場が難しくなるとも言われている。夢に描いたニューヨーク生活が“絵に描いた餅”に終わらなければ良いが……。

関連記事

トピックス