• TOP
  • 芸能
  • 「高校生が好きな芸人1位」YouTuber・平成フラミンゴ、躍進の秘密

芸能

2021.11.07 16:00  NEWSポストセブン

「高校生が好きな芸人1位」YouTuber・平成フラミンゴ、躍進の秘密

チャンネル登録者数は200万人を超えた(YouTubeより)

チャンネル登録者数は150万人を超えた(YouTubeより)

 11月3日、女性2人組YouTuber・平成フラミンゴのRIHO(りほ。27)が活動休止を発表した。今後はしばらくの間、相方・NICO(にこ。26)が1人で動画投稿を行っていくという。活動休止の背景には、今年に入ってから急激にブレイクしたこともあるようだ。そもそもなぜ、彼女たちはこれほど人気を集めているのだろうか。

 平成フラミンゴは2020年4月にYouTubeチャンネルを開設。約1年かけて登録者数20万人に達していたが、今年8月にYouTube引退をかけて登録者数50万人突破に挑戦すると、急速に人気を獲得。9月下旬には登録者数100万人を超え、11月4日現在では153万人にまで伸びている。

 とりわけ若年層の間で人気だ。高校生向けの広告・マーケティングを行うアイ・エヌ・ジーの調査によると、「2021年秋 高校生最新トレンドランキング」の“好きな芸人・タレント”で千鳥やEXITら有名お笑いコンビを抑えて見事に第1位を獲得。“よく見るYouTubeチャンネル”でも第3位にランクインしており、その注目度の高さが窺える。

 なぜ平成フラミンゴはティーンを虜にしているのか。YouTuberの事情に詳しいライター・こたにな々氏はこのように説明する。

「平成フラミンゴはYouTubeを始める以前から、高校生ら若者が活用するショートムービーサイト・TikTokで人気となり、そこからYouTubeに活躍の場を広げました。動画は、コント風のあるあるネタや、挑戦系の“やってみた”企画、アラサー独身女性の日常をリアルに写したものまで、バラエティに富んでいます。

 何より、小学1年生からの幼馴染である2人は、長年の信頼関係から息のあった掛け合いや、2人にしか分からない“友達ノリ”を持っていて、それが安定した笑いを生み出し、常に2人が爆笑しながら話しているのに視聴者がつられて笑ってしまうという面白さを持っています。

 高校生といえば、日常の中で自分たちだけが分かるノリや共通言語を大事にし、それを仲間内での流行語やブームとして取り扱うものですが、平成フラミンゴもそれに近いものを感じます」(こたにな々氏)

人気の「高校生あるある」(YouTubeより)

人気の「高校生あるある」(YouTubeより)

関連記事

トピックス