ライフ

長寿と食事の深い関係 食事量を2~3割減らすと◎、空腹時間も長めに

(写真/GettyImages)

赤身に含まれる「メチオニン」という成分の接種を減らすと寿命が延びる?(写真/GettyImages)

“抗老化”の研究が進んでいけば、“人生120年”時代が現実になるかもしれない。ただ、あくまでもそれは「可能性」であり、私たち自身の行動が変わらなければ、最新科学の力を駆使しても健康的に長く生きることは難しい。慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室特任講師の早野元詞さんはいう。

「老化はその人の生活環境や食べたもの、運動や生活リズムに大きく左右されます。昔は遺伝子によって決められていると信じられてきましたが、遺伝子がまったく同じはずの一卵性双生児でも片方が老けているケースがあることから、外的要因が大きいことがわかりました。また、意図的にDNAに損傷を与えると老化が加速することもわかっています」(早野さん)

 DNAの損傷は、強い紫外線や放射線を受けるなどのほか、喫煙や環境中の化学物質、活性酸素、そして食物の中の発がん性物質などが原因だ。体に悪い物質が含まれていなかったとしても、食事は寿命に大きな影響を与える。淡海医療センター病院長の古家大祐さんはいう。

「まずはカロリー制限です。毎日食べる食事量を2〜3割減らすことです。お腹いっぱい食べすぎるとサーチュイン遺伝子の働きが鈍くなります」(古家さん)

 さらに、空腹時間の長さも重要だ。

「ここ数年で言われ始めたことですが、空腹のときにサーチュイン遺伝子を活性化する酵素が増えます。理想は、12~15時間、何も食べない時間をつくること。食べていい時間帯は、満腹にならなければ何食でも食べて構いません。

 この食事法は、毎日やらなくてもいい。動物実験では、4週おきに5日間、それを2年間継続したことで、高脂肪高カロリー食を摂っても肥満にならず、血管系機能などが改善したという報告がある」(古家さん)

 肉などの動物性たんぱく質に含まれるメチオニンという成分を制限することで、さらに長寿になれる。

「メチオニンを制限すると、体内に硫化水素が増え、それが長寿に働きかけます」(早野さん)

 カロリー制限よりも効果を発揮するという見方もある。

「体の老廃物を掃除してくれる『オートファジー』という機能は、メチオニンを制限することで高い効果を発揮できるようになります。食事内容は、肉より野菜中心にして、油が少ない和食がいいでしょう」(古家さん)

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト