芸能

山口達也、デビュー決定の長男は「自慢の子」 涙で語っていた愛と懺悔

山口達也が語っていた息子のこと

山口達也が語っていた息子のこと(2019年8月撮影)

 その父子は5年以上、顔を合わせていない。世間を騒がせ、多くの仲間、家族を裏切ってきた父は、子供に合わせる顔がなかったのだ。それでも息子は彼を恨んではいなかった。いや、むしろ「愛情」を示し続けていた──。

「こんにちは、ショウタロウです! この旅を始めることにとても興奮しています」

 健康的に日焼けした肌に強い意志を秘めた眼差し──父親譲りの端正な顔立ちだ。

 11月2日、元TOKIOの山口達也(49才)の長男・笑大郎(13才)がShotaroとして、芸能界デビューすることを自身のインスタグラムで明かした。

「ハワイ発のボーイズグループ『Crossing Rain』のメンバーとしてデビューすることが決まりました。ボーカル、ラッパー、ダンサーなどの6人構成。“K-POPスタイルのグループ”と公式プロフィールに書かれていますので、韓国のBTSのような世界に通じるアイドルグループを目指すということでしょう。笑大郎くんはダンサー兼ボーカルを務めるようですね」(芸能関係者)

 父の背中を追うようにアイドルグループに所属──笑大郎のこの選択を周囲は驚きを持って受け止めていた。彼と父の関係は、決して良好なものだとは思えない、という声があるからだ。だが、笑大郎は、公式ホームページのプロフィールの「好きなアーティスト」欄に英語でこう綴った。

《山口達也(ぼくのお父さん!)》

 父と子の絆は、密かにそして確実に育まれていた。

 山口が5才下の元モデル・A子さんと結婚したのは2008年。その後、2人の息子に恵まれたが、幸せな時間は長くは続かず、2016年に離婚を発表した。

「平日は仕事仲間と飲み歩き、休日も趣味のサーフィンに出かけたりと、山口さんは全く家庭を顧みなかったんです。そんな彼にA子さんが愛想を尽かしたことが離婚の原因でした。親権はA子さんでしたが、養育費や生活費は山口さんが見て、笑大郎くんと次男には“365日、24時間会える”という、円満離婚ではありました」(芸能リポーター)

関連キーワード

関連記事

トピックス