• TOP
  • 国内
  • 子供への新型コロナワクチン、世界各国で賛否両論 推奨派と慎重派の意見

国内

2021.11.11 19:00  女性セブン

子供への新型コロナワクチン、世界各国で賛否両論 推奨派と慎重派の意見

(共同通信社)

子供への接種が賛否両論を呼んでいる(共同通信社)

 いずれまた新型コロナウイルスの「波」はくる。多くの人はそれを疑わないはずだ。問題はその時期。中学、高校、大学受験という人生の天王山のハイシーズンに直撃しそうなのだ。あなたは子や孫にワクチンを打たせますか?

「アメリカの感染者数の4分の1が子供。ワクチンは安全で効果がある。子供にワクチンを接種させてください」

 11月3日、国民にそう訴えかけたのはアメリカのバイデン大統領。その日、アメリカで5才から11才の子供へのワクチン接種が始まった。従来の3分の1の量のファイザー製ワクチンが使われ、3週間あけて2回目を接種する予定だ。

 アメリカでは夏の終わりから秋口にかけて子供の感染者が急増。9月に新学期が始まると10代以下の新規感染者が週に25万人を超えて、バイデン氏は危機感を抱いたようだ。

 子供へのワクチン接種を進めるため、アメリカ各地ではさまざまな動きが見られる。たとえば、ニューヨーク市は接種した子供に100ドルをプレゼント。カリフォルニア州は州内の学校に通う全児童にワクチン接種を義務づける方針だ。

 しかし、保護者の心は揺れ動く。在米医師の大西睦子さんが指摘する。

「10月、カイザーファミリー財団が5~11才の子供を持つ親に聞き取り調査をしました。子供へのワクチン接種を聞いたところ、『すぐ接種する』『絶対に接種しない』『しばらく様子を見る』の3つの意見に完全に割れました。多くの親は深刻な副反応を心配し、長期的な影響について、充分な情報が得られないことを懸念しています」

 世界で最も早くワクチン接種が進んだイスラエルも子供への接種には慎重だ。10月の世論調査では積極的な保護者が約半数にとどまり、保健省高官は「接種を強制するつもりはない」と明言した。

 物騒なのはブラジル。サンパウロ州の担当者が子供への接種を開始する意向を表明したところ、国家衛生監督庁に、次のような脅迫状が届いた。

《息子の命を危険にさらすやつらは残らず殺す》
《息子を治験に使ったら即座に学校をやめさせる》

 世界中で賛否両論が渦巻く子供へのワクチン接種だが、日本では政府とファイザーの間で、承認申請に向けた協議が続いている。

 新型コロナワクチン行政では日本はアメリカに追随するケースが多いことを考えると、今後は5~11才への接種が始まる公算が高い。

関連記事

トピックス