• TOP
  • 国内
  • 今井絵理子氏、党要職に抜擢も危機感「若い世代はSPEEDを知らない」

国内

2021.11.15 16:00  NEWSポストセブン

今井絵理子氏、党要職に抜擢も危機感「若い世代はSPEEDを知らない」

内閣第一部会・部会長代理に抜擢された今井絵理子氏(時事通信フォト)

内閣第一部会・部会長代理に抜擢された今井絵理子氏(時事通信フォト)

 自民党参院議員の今井絵理子氏(38)が11月9日、党の内閣第一部会・部会長代理に抜擢されたことが発表された。高市早苗・政調会長を補佐する役で、フレッシュな女性コンビへの期待からの起用とされているが、自民党関係者は「衆院選で活躍した論功行賞」と見る。

「今井氏は先の衆院選で岸田文雄首相の聞き役として政見放送に登場。また、抜群の知名度を買われて全国の選挙区を応援で回りました。岸田首相は、『若い世代に自民党をアピールするために必要な人材』だと彼女を高く評価しています。

 首相が重用する背景には、先の参院選で今井氏の所属する麻生派の若手が河野太郎氏支持に傾くなか、彼女が同派の甘利明氏とともに岸田首相支持に動いたことへの感謝の思いもあるらしい。今井氏の後見人だった甘利氏が党職を離れることから、彼女をケアする意味でも新たな役職に就かせたのでしょう」

 だが、岸田首相のそうした期待に対して、疑問を投げかける声も党内には多いという。

「静岡の参院補選を皮切りに、東京の石原伸晃・宏高兄弟など、彼女が応援に入った効果がなく敗れた選挙区も多い(宏高氏は比例復活)。党内には、『彼女は若い世代にそこまで訴求力がないのではないか』と疑う声が上がっている。というのも、彼女が街頭で演説をしていても、若者たちは足を止めず素通りしてしまうことが多い。どうも若者たちは、そもそもSPEEDを知らないようなのです」(同前)

関連記事

トピックス