芸能

『カムカムエヴリバディ』が「何かが起こる」と期待させる朝ドラであるワケ

映画『トロールズ ミュージック★パワー』で声優を務めた上白石萌音

赤いワンピースが似合う上白石萌音

 ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描くNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。朝ドラ史上初の3人ヒロインということでも注目を集めている。その見どころについてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 タイトルはとっても陽気だが、意外に地道でコツコツムードの『カムカムエヴリバディ』。朝ドラ史上初めて、三世代、100年にわたる家族の物語をラジオの英語講座をからめながら綴る。現在は、あんことお洒落が大好きな岡山の和菓子屋の娘・橘安子(上白石萌音)の日常が描かれる。

 英語講座で英語を学びはじめた安子は、初恋の相手の大学生・雉真稔(松村北斗)と心を通わせるが、稔は繊維会社の跡取り息子。二人はどうなる…という展開だ。

 このドラマで注目したいのは、藤本有紀のオリジナル脚本であること。藤本作品の魅力といえば、他のドラマにはない、耳が喜ぶ絶妙な「調べ」と目が喜ぶ奇想天外なシーンの数々。代表作のひとつ2007年の朝ドラ『ちりとてちん』は、何かと不幸な妄想をするネガティブヒロイン喜代美(貫地谷しほり)が、箸作り職人の祖父(米倉斉加年)のラジカセで落語の面白さを知り、上方の落語家になる決心をする。

 旅立ちの日、母糸子(和久井映見)が喜代美に向けて五木ひろしの『ふるさと』を大声で歌うなど、ここにもいろいろな調べが出てきたが、やっぱりすごかったのは、酒浸りで無精ひげの師匠・徒然亭草若(渡瀬恒彦)が突然、高座に上がって語りだした落語「愛宕山」。商家の旦那と幇間、芸妓たちが春の山をそぞろ歩く。「その道中の陽気なこと~!」師匠の声が今も耳に残る。 

 また、スランプに陥った近松門左衛門(松尾スズキ)が主人公という異色の時代劇『ちかえもん』では、近松が「一枚も書けてなーい」とか「ちょっぴり胸キュンしたわしやった」とか普通に独り言を現代語で語り、なぜか突然、歌いだす。第一話「大阪の女」、第二話「悲しくてやりきれない」、第三話「学生街の喫茶店」、第四話「傘がない」、そして第五話では「フランシーヌの場合」のメロディに乗せて、「赤穂浪士の場合」を赤穂浪士姿の松尾と白装束の浪士たちが扇を広げて舞い踊る。初めて見たときは、口あんぐり。それが、見ているうちにそれが楽しみになってくるというところに感動する。藤本有紀は本作で向田邦子賞を受賞している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン