• TOP
  • 芸能
  • 「今年の顔」有村架純 「純粋さもズルさも強さも弱さも」演じる力

芸能

2021.11.20 16:00  NEWSポストセブン

「今年の顔」有村架純 「純粋さもズルさも強さも弱さも」演じる力

映画、ドラマと八面六臂の活躍を見せた1年だった(時事通信フォト)

映画、ドラマと八面六臂の活躍を見せた1年だった(時事通信フォト)

 11月上旬、日経トレンディが発表した「今年の顔」に女優・有村架純(28)が選出された。2021年は菅田将暉とW主演した映画『花束みたいな恋をした』をはじめ多数のヒット作・話題作に出演。11月20日からは主演ドラマ『前科者 −新米保護司・阿川佳代−』(WOWOW)もスタートする彼女は、2021年を通じてどのような成長を遂げたのだろうか。

 今年の有村架純の活躍ぶりを振り返ると、映画・ドラマともにヒット作が多く、高い演技力も評価されたことがうかがえる。年明けに公開された主演映画『花束みたいな恋をした』は、興行収入38億円を突破する予想外のロングヒットを記録。人気映画シリーズのフィナーレを飾る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』にも出演しており、こちらは2部作合計の興行収入が65億円を超えている。

 他にも『太陽の子』や『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』といった映画に出演し、その活躍から第13回TAMA映画賞では最優秀女優賞を獲得。また春に放送され反響を呼んだドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)では、第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞も受賞している。

 そうした存在感が後押ししてか、今年の夏には日経エンタテインメント!の「タレントパワーランキング」で総合9位にランクイン、初のトップ10入りを果たしていた。「女優部門」で見ると、昨年の6位から上昇、石原さとみや深田恭子を抜いて4位の座を獲得している。

 以前から実力派として知られ、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)でブレイクして以降、毎年欠かさず映画やドラマで賞を受賞してきた有村架純。

関連記事

トピックス