ライフ

桃井かおり、長谷川理恵も「砂糖とバターを使わない人たち」が増加中

長谷川理恵

食を追求してきた長谷川理恵は、現在ヴィーガンパティシエとして活動している

「家にバターも砂糖もない」と言う桃井かおり(70才)や、テレビ番組で自宅に白砂糖がないことを明かした木村拓哉(49才)、その妻の工藤静香(51才)はバターを使わない手作りタルトをSNSに投稿するなど、砂糖とバターを使わないことを明かす芸能人が増えている。モデルの長谷川理恵(47才)もその1人だ。砂糖やバターを使わなくなった理由を長谷川はこう語る。

「きっかけは息子に卵と乳製品のアレルギーがあったからです。それでヴィーガンパティシエになりました」

 ヴィーガンとは、肉や魚はもちろん、牛乳や卵といった動物由来の食品をまったく口にしない「完全菜食主義」のことだ。長谷川が続ける。

「ヴィーガンスイーツを勉強するうちに、白砂糖も体にさまざまな悪影響があると学んで、なるべく使用を控えるようになりました。バターは一切使わず、代わりにオリーブオイルや菜種油を使っています。体への負担も少ないし、風味もいいんです」

 9才の長男からリクエストされてナポリタンを作るときも、オリーブオイルとにんにくで調理する。バターを使わずともコクが出るという。

摂りすぎると体と心の健康を壊す

 バターや砂糖は体にどのような影響をもたらすのか。ちくさ病院副院長で総合内科医の近藤千種さんが説明する。

「バターに含まれる飽和脂肪酸は、過剰に摂取すると血中の悪玉コレステロール『LDLコレステロール』を増加させます。すると血管にプラークというこぶができて血液の流れが悪くなる。これを動脈硬化といいます。日本人を対象とした研究で、飽和脂肪酸をたくさん摂っている人ほど心筋梗塞になる比率が上がるという結果も出ています」

 日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長の松田麻美子さんもバターのリスクを指摘する。

「牛乳から水分を取り除いたバターは、ほぼ100%が脂肪。動物性脂肪の飽和脂肪酸は溶けにくく、体内でもサラサラと流れないため血管がつまりやすくなるのです。大さじ1杯のバターは約12gで、カロリーが100kcalほどありますが、これはバナナ1本、ぶどう1房と同程度。果物はお腹を満たしてくれますが、バターは食べても満腹にはならず、カロリーオーバーを招きやすいことが問題です。こうした理由から、私は32年間、バターを一切口にしていません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン