国内

文通費で橋下氏とバトルのれいわ新人「自民より維新と戦う理由」

大石氏は橋下知事(当時)に反論したことでも知られる(時事通信フォト)

大石氏は橋下知事(当時)に反論したことでも知られる(時事通信フォト)

 国会議員に対して、文書の発送費や交通費などの名目で月100万円が支給される「文書通信交通滞在費(文通費)」をめぐって、様々な議論が噴出している。もともと、日本維新の会の新人議員が、10月31日に当選したにもかかわらず10月分の文通費が100万円まるまる支給されたことに疑問の声をあげ、日本維新の会副代表である吉村洋文・大阪府知事が“領収書のいらないカネ”となっている文通費の制度を批判する急先鋒となっていたが、ここにきて維新に対して批判の矛先を向ける声も出てきた。

 文通費を巡っては、在職1日でも100万円がもらえてしまう制度の在り方を変えるため、自民党や立憲民主党が今冬の臨時国会で「日割り支給に変更する法改正」を実現することで一致。ただ、吉村氏はそれに対しても「経費である以上、領収書をつけて精算する。余れば返金を可能にする。ここの本質が最も重要だ」として、“日割り支給批判”を続けている。

 そうしたなか、注目を集めるのが、れいわ新選組の新人衆議院議員、大石あきこ氏(44)だ。大石氏は、「在職1日で文通費100万円」を批判する吉村氏自身が、2015年に衆院議員を辞職して大阪市長選に出馬した際、10月1日付に辞職して「1日で100万円」を受け取っていたことを明らかにした。吉村氏自身、これについては会見で「ブーメラン」と認めざるを得なくなった。

 その大石氏はさらにツイッターで「維新が『100万円もったいない』と空騒ぎ。よう言うわ」「維新を倒すための戦費として私は100万円でも何でも使います」と挑発。元大阪府知事の橋下徹氏が「これがれいわ新選組の国会議員の実態」と批判し、ワイドショーにも取り上げられる騒ぎとなっている。

 元大阪府職員である大石氏と維新の会には、浅からぬ因縁がある。大石氏は府庁職員時代の2008年、橋下氏が府知事に就任直後の朝礼で職員に檄を飛ばす最中、突然立ち上がり、「ちょっと待ってください! どれだけサービス残業やっていると思っているんですか」と噛みついて「大阪のジャンヌダルク」と話題になった人物。全国的な知名度は低いが、府民の間では「あ~、あの橋下はんに噛みついた女性職員かいな」と13年越しの“因縁の対決”に関心を向ける人も少なくない。

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン