国内

文通費で橋下氏とバトルのれいわ新人「自民より維新と戦う理由」

れいわ新選組の街頭演説に集まる人びと

れいわ新選組の街頭演説に集まる人びと

100万円はその日に通帳に入れた

 11月20日、地元・大阪市内の街頭演説会では、大石氏の演説目当てに聴衆約150人が駅前に集まっていた。大石氏は「橋下に噛みついた女です!」と登壇。文通費100万円については、「政治資金としては正直足りない。れいわの政策を実現させるにはもっとお金がいる。ルールに基づいて政策実現のために有効利用させてもらう」と訴えた。自民党や立憲民主党が日割り法改正で一致し、維新も法改正に前向きであることに関しても「政治にお金がかかるという本質を知りながら『100万円問題』に矮小化する維新に屈服していいのか」と対決姿勢を鮮明にした。

 大石氏はなぜ政権与党の自民党ではなく、維新を倒すという点を強調しているのか。本人を直撃するとこう答えた。

「確かに国民にはわかりにくいかもしれません。私が府庁職員時代に橋下さんが知事になってから、非正規雇用を増やし住民サービスをカットする維新行政が続いている。今も国にお金がないと言い募って文通費の節約を主張し、社会保障の削減にも手をつけるつもりです。しかし、本当にそれでいいのか。大阪の維新行政を変えていくことは、全国的な政治課題でもあると考えています」(大石氏)

 先の衆院選、大阪では維新の候補者が小選挙区で全勝するなど、吉村知事への支持は圧倒的に見えるが、コロナ禍のなか昨年秋に100億円を費やして都構想住民投票を行なったことや道路の白線が剥がれ落ちている場所が目立つなど住民サービスの低下に不満を抱く府民・市民も少なくない。大石氏が小選挙区で落選しながら近畿比例ブロックで復活して議席を獲得したことからも、民意が維新一色ではないことが窺える。

 文通費を「維新を倒すために使う」と掲げた大石氏に対して、橋下氏は「政治活動は政党交付金でするもの、もっと勉強しろ」と批判したが、その指摘について大石氏に問うと、こう答える。

「あの100万円はその日に通帳に入れました。東京の事務所など議員生活の初期投資だけで500万円はかかる。国会論戦するためのあらゆる費用じゃないですか。維新議員だって、文通費を自分の政治団体に寄付して人件費などにしている。やっていることは一緒でしょ」

 この日はれいわ新選組の山本太郎代表が大阪と兵庫などで参院選に候補者を擁立して維新の牙城に攻め込む対決姿勢を打ち出した。文通費100万円を巡る攻防が今後どう展開していくのか、引き続き注目だ。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン