芸能

須田亜香里の新たな“武器”はギター ソロライブで「歌声との相性は抜群」評

初ソロライブを行った須田亜香里

初ソロライブを行った須田亜香里

 SKE48の須田亜香里(30才)が自身初となるソロライブを開催した。注目を集めたのは、エレキギターやアコースティックギターによる弾き語り。ライブを観賞した放送作家・コラムニストの山田美保子さんが“ギタ女”須田亜香里について綴る。

 * * *
 22日夜、SKE48の須田亜香里によるソロライブ『Akari Suda sing with the guitar~花車と六弦琴~』(渋谷・duo MUSIC EXCHANGE)を観に行く機会に恵まれた。

 タイトルやコンサートロゴでもわかるように、須田がギター片手に、いわゆる“ギタ女”となって歌うライブだ。

 ギターを始めたのは今年3月。きっかけは、FM AICHIで毎週月曜に放送されている『須田亜香里の部屋』の放送100回を記念して、番組ゲストに度々登場していた男女ツインボーカル編成のバンド「EARNIE FROGs」のテラオからメンバーのサイン入りギターをプレゼントされたことだ。

ギターの弾き語りにピッタリな歌声

 その日の夜から練習をはじめ、「12年ぶりに趣味ができた」(ちなみに12年前の趣味はゲーム)とギターにハマった須田。練習の成果の場所として配信付きのソロライブを選んだのである。

 1曲目は、11年前、3期生としてチームS公演「制服の芽」に参加した際、上手(かみて)最後列で歌い、踊った想い出の曲『恋を語る詩人になれなくて』。ちなみに今回のライブ会場は、そのときの会場と同じなのである。須田は10月31日に30歳の誕生日を迎え、11月14日は、デビュー12周年だった。彼女も、ファンの皆さんも、さまざまな景色を思い出してしまうからなのか、須田は度々涙声になり、ファンの多くも、もらい泣きをしていた。

 そんな空気の中、彼女の歌声を聴いて私は驚いた。日頃から「歌は苦手」と言っている須田だが、ギターの弾き語りにピッタリな歌声ではないか。涼やかで軽やかで爽やか。しかも、歌詞の全てが観客の耳に正確に届く。

 歌い手にとって、これは本当に大事なことで、私はいつも、島袋寛子(元SPEED)の歌唱時の滑舌の良さに聴き惚れるのだが、決して大袈裟ではなく、その島袋と重ね合わせたほどだった。大切な曲を、久しぶりに直接顔を合わせるファン一人一人に絶対に伝えるのだという須田の強い意気込みがそうさせていたのかもしれない。

 初めて秋元康氏が須田のために書いたソロ曲『今の私じゃダメなんだ』や、初センター曲の『ソーユートコあるよね?』、さらにSKE48のオーディションで歌ったという大塚愛の『さくらんぼ』などなど、どれも味わい深く仕上がっていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン