芸能

中村吉右衛門さんが語っていた「歌舞伎の文化を次代に伝える覚悟」

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」製作発表にて(2005年)

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」製作発表にて(2005年)

 歌舞伎俳優で文化功労者、人間国宝の中村吉右衛門(本名・波野辰次郎)さんが11月28日、死去した。77歳だった。歌舞伎の舞台での活躍はもちろん、人気ドラマ『鬼平犯科帳』の火付盗賊改方長官、長谷川平蔵役を長年にわたって演じ、人気を博した。

 八代目松本幸四郎の次男として生まれ、母方の祖父である初代中村吉右衛門の養子となり、1948年に中村萬之助を名乗って初舞台を踏んだ。1966年、二代目中村吉右衛門を襲名。以後、「毎日が初日」という初代の座右の銘を胸に、第一線で活躍し続けた。

 2011年に人間国宝となった中村吉右衛門さんは、国際情報誌『SAPIO』(2014年2月号)のインタビューに答え、歌舞伎が持つ日本文化の魅力と、それを時代に伝える覚悟についてこう語っていた。

〈播磨屋の人間として私の役割は初代の演出を受け継ぐことがまず一つ。そして初代が築いた役者としての気構えを継承し、さらに次代へと手渡すことが歌舞伎という伝統芸能に携わる自分の責務です。

 その時代ごとの役者たちが代々研鑽を重ねてきたものを、我々がより良いものにして手渡さなければならないわけです。ことに幕末・明治にかけては西洋に追いつけ追い越せという気運の中、歌舞伎は伝統を絶やすことなく、より上質な舞台芸術へと昇華した。その果実を我々の代で損ねたり絶やしたりすることは絶対あってはならない。

 伝統を繋いだ先人の志に照らせば、守るだけでなく、一層の高みに向けて攻めることが必要です。私も70年近く役者一筋にやってきてやっとそんな境地がわかり始めたように思います。単に芝居をやっていればいいわけではなかった。先人たちもおそらくそうで、舞台に染みついた血と汗と涙の結晶が現在の歌舞伎なんです〉

甥・十代目松本幸四郎と(2005年撮影)

甥の十代目松本幸四郎と(2005年撮影)

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン