国内

オミクロン株拡散で再自粛の空気「家でゆっくり過ごせる」と安堵する人々

家で飲んだほうが気楽と考える人も多い

「家でゆっくり過ごせる」と安堵する人も

《世界的に拡散する可能性が高く、危険性は非常に高い》。11月28日、世界保健機関(WHO)は新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」への警戒を各国に訴えた。南アフリカで見つかったオミクロン株は感染力が非常に強く、既存のワクチンが効かない可能性がある。

 日本政府は水際対策を強化し、11月30日午前0時より全世界を対象に外国人の入国停止を実施。1日当たりの帰国者数の上限も5000人から3500人に引き下げた。

「新たな変異株が出てきたことは怖いですが、どこかでホッとしている自分に気づきました。緊急事態宣言が終わり、このままいけば、今年は久しぶりの忘年会ラッシュかと気が重かった。でもオミクロン株で再自粛の雰囲気が出たら、家でゆっくり過ごせるなと……」(30代女性会社員)

 実際、感染者減に伴って各地で会食制限などが緩和されたが、夜の街に客足はまだ戻っていない。精神科医の和田秀樹さんはこう分析する。

「そもそも日本は周りの空気や会社のつきあいで外飲みする人が多かった。でもコロナ禍で『飲み会中止』となって家で過ごす快適さを知った人は、もう酒場に戻らないはずです。もともと外で飲むのが好きだった一部の人だけが、この先もお店に通うのでしょうね」

 忍び寄るオミクロン株でさらなる窮地に陥りそうな日本の外飲み文化。新型コロナのため外で飲むことをやめた多くの人が指摘するのが「わが家の快適さ」だ。都内在住の40代女性会社員が語る。

「なんといっても家の中なら人の目を気にせず過ごせますからね。風呂上がりに、すっぴん、パジャマで飲むビールは最高だし、酔って眠くなったらその場に寝ころべばいいだけ。コロナ前はひとりで家で飲むと“寂しい女”とかっていわれたけど、いまはこのスタイルが当たり前でしょ。負い目も感じないし、ますます家飲みから抜け出せなくなりましたね。ただ、家での姿は絶対に人には見せられません(笑い)」

 千葉在住の30代女性事務員は「自分のやりたいことをしながら飲めるのがいい」と語る。彼女はコロナ禍で韓流ドラマにどハマり。もともと料理が好きだったのもあり、会社が終わるとすぐ帰宅してサッと酒のつまみをつくり、韓流ドラマを見ながらの晩酌が最高な時間だという。

「涙腺が崩壊して涙と鼻水をダラダラ流しても平気なことも家飲みの利点ですね」(30代女性事務員)

 居酒屋ライターの塩見なゆさんは「お酒は習慣化しやすいんです」と指摘する。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン