芸能

小林麻耶、夫と「再び同居」報道 精神科医が指摘「よくあることです」

周囲をハラハラさせている?(時事通信フォト)

夫との“復縁”が報じられた(時事通信フォト)

 フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が、夫である整体師の「あきら。」こと國光吟氏(38)と一時的な別居を解消し、再び同居していることが報じられた。ふたりは新築マンションに引っ越して暮らしているとのことで、“復縁”と話題になっている。

 小林は最愛の妹・小林麻央さんが亡くなって間もない時期にセラピーを通じて國光氏と急接近し、2018年7月、出会って2か月での電撃婚に至った。小林は夫にぞっこんで、彼女の仕事に國光氏が同行し、スタッフにまで指示を出したこともあったという。テレビ局関係者によると、番組側が國光氏に同行しないよう頼むと、今度は小林が精神的に不安定になるほどだった。

 トラブルの末に2020年11月、小林はレギュラーコメンテーターを務めていた『グッとラック!』(TBS系)を降板。所属事務所である生島企画室との契約も終了した。生島企画室は「それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」と契約終了の理由を説明していた。

 そうした中、今年3月に夫婦は別居を開始したと報じられた。夫と物理的に離れ、小林は周囲に「目が覚めた」と話していたという。別居後は小林の芸能活動再開の動きが見られ、12月7日よりアトリエファンファーレ東新宿にて上演される舞台『受付』で二人芝居に挑戦することが決定。義弟にあたる歌舞伎役者・市川海老蔵(43)一家との付き合いも復活した。

 別居により、小林は國光氏と決別したと思われていたが、そこに今回の「同居」報道だ。報道後の反響を見てか、小林もブログを更新した。〈想像を絶する耐えられないことで笑いが出てしまうことがある。/勝手に言われることは仕方ない。/世間を騙したとか、仕事をするための偽装別居とか、妹の子供たちに会うための口実を作っただなんて!/そんなことあるわけないのにね〉と強い口調でつづっている(11月24日付)。夫との“復縁”については直接言及しておらず、夫婦が今どんな状況にあるのか詳細は不明なままだ。

 小林の現在の心中はどんな状況なのか。精神科医の樺沢紫苑氏は、「このような“よくわからない”状態は、現場では頻繁に見かけるものです」と語る。

「相手に依存しているような関係の場合、一度は『目が覚めた』と言ったはずなのに結局関係を断ち切れない……というのは、よくあることです。『目が覚めた。別居します』と一度决めたからといって相手と即決別するものではありません。自分の決断をすぐに覆してしまうことは、私の経験からみても、非常によくあるケースと言えます」(樺沢氏、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス