芸能

レギュラー16本かまいたち「最近類を見ない売れ方。完っっ璧な1年」

かまいたち

かまいたち

 飛ぶ鳥を落とす勢いの“旬芸人”かまいたちが、特番『かまいたちの小金持ちになりたいTV』(12月4日放送予定)の収録を行っていると聞いて、本誌・女性セブンスタッフが急行! 観客なしの収録にもかかわらず、スタジオは爆笑の渦に包まれていて──。

「もっと勝負しなきゃ」ギャンブル狂の血が騒ぐ!

 約2時間におよぶ収録をおえて控え室に戻るかまいたちを直撃。疲れた顔なくさらなる弾丸トークを聞かせてくれました!

濱家隆一(38才):番組で紹介したいろんな副業を知って、いますぐ動き出さないとなと思いました。例えばキッチンカーとか。でも、現実的に考えてやるのは難しいやろなー! 誰かを雇って働いてもらうとしても、向こうのうまみが少ないやろうし。

山内健司(40才):もう雇うこと考えてるやん! でも、たしかにな。だからぼくは、オーナーからあのプラットフォームごと買い取って“大オーナー”になりたいです。

濱家:あとは不動産投資やろ? 宅建の勉強もしてたぐらいやし。
山内:そうそう。今日VTRで出てくださった“不動産女王”のお話は参考になりました。のんきに貯金してる場合じゃないな、もっと勝負しなきゃなと思っています。

〈番組では「女性の副業」にフィーチャー。そこで、2人の奥様に向いていそうな副業は?〉
濱家:うちの奥さんはやらんやろなー! でも、ぼくと違って思い切りいいんで、それこそ不動産投資はやってもらってもいいかな。
山内:うちの奥さんは料理がうまいんで、料理教室はいけるかも。「山内の嫁」という触れ込みでやれば、相場+2.5倍くらいの料金でもいけると思います。この名前が付加価値というかブランドなので。
濱家:2.5!? お前にそんなブランドないで?
山内:いや! いけるやろ。

〈現在レギュラー16本。小金持ちどころか大金持ちになっていそうな2人は、贅沢もできるように〉

濱家:普段はドカンと使うことってあまりないんですけど、この前ふと思い立って家族で1人3万円くらいのかに料理を食べに行きました。全員で8万円かな? お祝いとかではないですよ? ただ「かにが食べたい」という一心で8万使いましたわ。一晩で!

山内:で、ぼくはやっぱりロレックスじゃないですかね。
濱家:ほんまは買うつもりやなかったんですよ。な?
山内:そう。本当は100万円くらいの『デイトナ』を買おうとしていたんですけど、最初からそれを買いに来たと思われるのはミーハーっぽくて嫌やったんです。だから、貴重すぎて絶対に在庫がないと聞いていた『ホワイトゴールドのデイトナありますか?』と聞いてみたら…あったんですよねぇ……。400万円やったんですけど、引くに引けず買いました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン