国内

問われる鉄道車内の治安対策 防犯カメラのネットワーク化や通信システム拡充も

2018年に新幹線車両内で実施された乗務員や警備員らによる不審者対応訓練(時事通信フォト)

2018年に新幹線車両内で実施された乗務員や警備員らによる不審者対応訓練(時事通信フォト)

 鉄道の安全対策と聞くと、すぐに思い浮かぶのは無事故で時間通りに運行されることだ。ところが、8月の小田急線刺傷事件、10月の京王線放火刺傷事件など、普段は思い浮かばない安全対策がにわかにクローズアップされる事件が相次いで起きた。ライターの小川裕夫氏が、乗客が乗る鉄道車内の治安対策について、東海道新幹線での取り組みを中心にレポートする。

 * * *
 2021年8月6日に小田急線車内で起きた殺傷事件は、世間を大きく震撼させる大事件となった。

 同事件は、藤沢駅を発車し新宿駅へと向けて走っていた快速急行の列車で発生。犯人は刃物を振るって乗客に怪我を負わせたほか、所持していたサラダ油を床に巻いて火をつけることも試みた。不幸中の幸いながら同事件で死者は出ず、火災も発生しなかった。

 小田急線の事件の記憶が薄れる間もない10月31日、今度は京王線で類似の事件が発生した。同事件は京王八王子駅を発車して新宿駅へ向かって走っていた特急の列車内で起きている。京王線の犯人は調布駅から乗り込み、すぐ犯行に及んだ。ハロウィンの雰囲気に彩られた車内は、一転して惨劇の場と化した。

 その後も小田急線・京王線を模倣する犯行が続いている。それだけに、鉄道事業者の治安対策は喫緊の課題として浮上している。

 こうした事件で危機感を覚えるのは、鉄道事業者ばかりではない。鉄道は国民が日常的に利用する。国民の生命と財産を預かる政府が、無関係を決め込むわけにはいかない。

 小田急線の事件が発生した直後、加藤勝信官房長官(当時)や赤羽一嘉国土交通大臣(当時)、棚橋泰文国家公安委員長(当時)は揃って声明を出し、再発防止に取り組むよう関係各所へと指示した。

 鉄道車両は、過去に火災で多数の犠牲者を出した反省から不燃化が進められた。その成果もあり、簡単に火が燃え広がらないように改良されている。他方、火災への対策は手厚いが、刃物などによる無差別の犯行を防ぐ手段はない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン