国内

ワクチン接種後に急死した30歳男性の遺族「原因はワクチンしか考えられない」

岡本さんが住む広島県は岸田首相のお膝元だ

岡本さんが住む広島県は岸田首相のお膝元だ(写真は19年)

「息子はアレルギーすらなかったのに、『ワクチン接種と死亡との因果関係は評価できない』ということで、厚労省は『γ』(ガンマ)であると結論づけました。“因果関係はあるかもしれないけど、データが十分に揃っていないということなのだろう”と思いました。それで現在は、広島大学で『病理検査』をしてもらっています。長男の遺体は火葬しましたが、細胞は取ってあるんです。しかし、結果が出るまで、ものすごく時間がかかるそうです。警察が窓口になっていて、私は直接、病理検査を担当している医者に話を聞くことは不可能。なので警察を通して2週間に1回くらい『まだですか?』と催促していたのですが、最初は『2~3か月はかかります』と言われ、そのうち『1年かかる』、『1~2年かかる』と言われるようになった。いつになったら結果が出るのかは分かりません」

 今年2月、田村憲久前厚生労働大臣がワクチン接種の副反応などにより死亡した場合、「国から4420万円の一時金が支払われる」と発表したが、病理検査の結果が出ないことで申請は進んでいないという。

「長男が勤務していた会社から、最新の健康診断書も取り寄せて持って行きました。心電図も含めてどこにも異常はありませんでした。しかし、一時金の申請は市から厚労省に回されるはずなのですが、現在もまだ厚労省に届いておらず、東広島市で止まった状態になっている。市の担当者からは、『この状態で申請しても無理だと思う』『できれば病理検査の結果を待ちたい』というようなことを聞かされました」

 最後に岡本さんが「世の中に伝えたい」という切実な想いを語る。

「国は“デメリットよりもメリットのほうが大きい”ということを主張していますが、実際にワクチン接種後に死亡した人はたくさんいる。その事実に目をつむるのはおかしいですよね。推し進めるのであれば、みんなが納得できる『根拠』をしっかり示してほしい。私も元々はワクチン推進派でした。勤めている会社でも、『うちでも職域接種やりましょう』と私が提言したくらいですから。長男にワクチンの接種を勧めたのも私です。

 でも今はこんな状況で3回目接種をするのは怖い。もちろん大勢の人たちに対して『ワクチンを打つな』とは言えません。人それぞれの判断ですし、ワクチンがコロナ感染に有効なのは事実でしょう。私は『真実』が知りたい、ただそれだけなんです。岸田文雄首相は同じ広島の人間ですし、期待していたのですが……。もう少しワクチン接種のこと、接種後に苦しむ人たちのケアについても、しっかりやってほしいと思います」

 岸田首相は12月6日、所信表明演説で「オミクロン株」への対応のため、3回目のワクチン接種について、「できる限り前倒しする」と表明した。接種については医師と相談の上、それぞれが自ら判断することだが、こうした遺族の声に耳を傾けることも重要ではないか。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン