国際情報

北朝鮮で金正恩氏着用の革コートが大流行 警察は着用・販売禁止に

革のコートが「将軍様ファッション」として大流行

革のコートが「将軍様ファッション」として大流行

 厳しい冬に入った北朝鮮では、今年1月に行われた軍事パレードで金正恩朝鮮労働党総書記が着ていた革製のトレンチコートが市民の間で人気になっている。本革製の高価なコートを買うことができない庶民は比較的安い合成皮革製のコートを買い求めるなど、革のコートが「将軍様ファッション」として大流行していることが分かった。

 しかし、北朝鮮当局の幹部らは「将軍様の真似をするのは恐れ多い」などとして、革製コートを着ている市民を取り締まるための部隊を組織して、販売店や市民から革製のコートを没収するという「革コート狩り」を行っているという。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 革製のトレンチコートは、金正恩氏がそれを着用した映像が朝鮮中央テレビで流されたことで、2019年に人気が出た。最初は、中国から輸入された本物のレザーコートが、生活に余裕のある富裕層に購入されていたが、すぐに衣料品メーカーがフェイクレザー(合成皮革)製のコートを輸入したり、国内でも製造するようになった。北朝鮮のほとんどの市場で販売されるようになり、皮革製のコートを着た若い男性をひんぱんに見かけるようになった。

 その後、今年1月にも軍事パレードで、金氏が革製のトレンチを着用して、手を振る姿がテレビで紹介されると、妹の金与正・党副部長ら幹部も着用するようになり、それを見た市民の多く、女性までもが真似をするようになったという。

 ある市民はRFAに対して、「このように、レザーコートはパワフルな女性のシンボルとなっているのです」と語るとともに、「革のコートが権力の象徴として認識されるようになると、民間の衣料品商が今年の9月から合成皮革の輸入を商社の担当者に依頼。彼らは金正恩総書記や金与正氏が着ていた革のコートのデザインをコピーして製造して、いまではどこの市場で売られているようだ」と話している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン