スポーツ

蛯名正義氏“競馬場デビュー”は皇帝シンボリルドルフに勝ったあの馬と

1985年10月27日、大観衆が見つめる東京競馬場のパドックでの蛯名正義氏(写真/JRA)

1985年10月27日、大観衆が見つめる東京競馬場のパドックでの蛯名正義氏(写真/JRA)

 1987年の騎手デビューから通算2541勝を記録するなど、国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に“52歳の新人調教師”として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、今回は競馬学校入学から騎手デビューまでの思い出についてお届けする。

 * * *
 今週からはしばらく僕の昔話にお付き合いください。ご一緒に名馬の走りを思い出していただければ幸いです。

 僕は札幌で生まれ育ちましたが「蛯名」というのは青森に多い名前です。1940年から1950年頃に活躍した蛯名武五郎という名騎手も青森の出身でした。ジョッキーになりたかったという祖父は、武五郎さんと「一緒に馬に乗っていた」と言ってました。また「白い逃亡者」と言われたホワイトフォンテンで毎日王冠を勝った蛯名信広騎手(その後調教師)は、祖父の甥にあたります。

 でもウチは競馬一家ということでは全然ありませんでした。父が競馬好きで馬券を買っているぐらい。僕もその影響からか、よく見ていて、いわゆる競馬オタクの子供でした。

 競馬学校の同期は9人ですが、調教師になったのは僕が最初で、おそらく最後です。武豊騎手とはずっとよく会っていたし、3人は調教助手になって競馬サークルに残っています。この世界から離れてしまった人が、どこで何をやっているかはよく分からないけれど、当時はみな仲が良かった。3年間一緒に生活をしたわけですから。

 卒業後は矢野進先生の厩舎にお世話になることになりました。リーディングもとっている名門厩舎で、中山大障害を5回(当時は春と秋にあった)も勝ったバローネターフや、スクラムダイナ、ダイナシュートなど「ダイナ」がつく社台ファームの活躍馬が何頭もいました。

 競馬学校2年の秋から厩舎研修が始まったのですが、行った日がまず函館3歳(現2歳)ステークスを勝ったダイナアクトレスのスタッフが戻ってきた「安着祝い」でした。北海道滞在から帰ってきた馬を見て「これがダイナアクトレスなんだ」と感動したのを覚えています。

 で、その週末が伝統ある大レース天皇賞(秋)。デビューから8連勝で菊花賞を勝って三冠馬になったシンボリルドルフの独壇場になるはずのレースでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト