芸能

「誰も見たことのない」劇団四季を堪能できる“新しい音楽のショー”が開幕

圧巻のパフォーマンスで魅せるコンサートがついに全国ツアー開始

圧巻のパフォーマンスで魅せるコンサートがついに全国ツアー開始

『オペラ座の怪人』『キャッツ』『ジーザス・クライスト=スーパースター』『エビータ』……ミュージカル好きなら誰でも、お気に入りのナンバーがある作品だろう。日本では1973年の『ジーザス…』初演以降、劇団四季が上演を重ねてきた名作たちだ。

 これらの作曲を手掛けたのは、米ニューヨークタイムズが「史上最も成功した作曲家」と称した稀代の作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバー(73才)。彼による珠玉のナンバーだけで構成された『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート~アンマスクド~』が12月5日、神奈川・相模女子大学グリーンホール 大ホールにて、全国12都市ツアーの幕を開けた。

名曲に次ぐ名曲! ここでしか聴けない“神”ナンバーの数々

 本作は、約2時間35分の2幕編成。生バンドと10人の劇団四季俳優による圧巻のパフォーマンスが堪能できる、新しいショーだ。

 劇団四季の他作品とは違い、大がかりな舞台のしかけや早着替えのような演出は少ないが、いやいやどうして、まさに「音で圧倒される舞台」。アンドリュー・ロイド=ウェバーの楽曲とパフォーマンスの力で魅せる、音楽の音楽による、音楽のためのステージなのだ。

「スーパースター」で華やかに開幕

「スーパースター」で華やかに開幕

 オーヴァーチュアに続いて歌われるナンバーは、力強いロックと華やかなコーラスが融合した「スーパースター」(ジーザス・クライスト=スーパースター)。ユダのパートを歌いあげるのは、『アラジン』のバブカック役や『リトルマーメイド』のシェフ・ルイ役などを演じてきた白瀬英典だ。のびやかで圧倒的な“音圧”が観る者の心を揺さぶる、ショーのトップバッターにふさわしいインパクトだった。

「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」をはじめとする『オペラ座の怪人』のナンバーでは、クリスティーヌのパートを真瀬はるかが、ファントムのパートを飯田洋輔が歌う。

 そして、ファントムの恋敵・ラウルのパートを歌うのは、飯田洋輔の実の弟の飯田達郎。二人はそれぞれ“本家”『オペラ座の怪人』でファントムとラウルを演じた経験を持つが、ファントムとラウルとして舞台上で共演するのは今回が初めてだ。

 プリマ・ドンナのカルロッタを歌うのも、劇団四季の『オペラ座…』で実際にカルロッタ役を演じてきた吉田絢香。力強くも高貴なソプラノを響かせ、重厚なハーモニーに華を添えた。

 本作の魅力の1つはなんといっても、これまで劇団四季で上演されていない作品の曲が聴けることだろう。

『キャッツ』『オペラ座の怪人』『アスペクツ オブ ラブ』など、四季ファンならたまらない作品だけでなく、『サンセット大通り』や『スクール・オブ・ロック』といった、四季では上演されていない作品や、1968年にアンドリュー・ロイド=ウェバーが初めて手掛けたミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリーム・コート』のナンバーまで、もはや幻ともいえるセットリストで、アンドリュー・ロイド=ウェバー作品の魅力をすみずみまで味わうことができる。

ファントム(飯田洋輔)とクリスティーヌ(真瀬はるか)の切なくも妖艶な「オペラ座の怪人」

ファントム(飯田洋輔)とクリスティーヌ(真瀬はるか)の切なくも妖艶な「オペラ座の怪人」

四季では上演されていない『スクール・オブ・ロック』のナンバーでは、全出演者が登場。(写真左から真瀬はるか、笠松哲朗、平田愛咲、吉田絢香、谷原志音、白瀬英典、飯田洋輔、飯田達郎、山下泰明、江畑晶慧)

四季では上演されていない『スクール・オブ・ロック』のナンバーでは、全出演者が登場。(写真左から真瀬はるか、笠松哲朗、平田愛咲、吉田絢香、谷原志音、白瀬英典、飯田洋輔、飯田達郎、山下泰明、江畑晶慧)

関連キーワード

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト