スポーツ

錦織圭「育児の大変さ」吐露、美人妻と家族で「もう一度世界へ」

5年の交際を経て結婚した錦織の子育て

5年の交際を経て結婚した錦織は家族で世界を目指す

 男子プロテニスプレイヤーの錦織圭(31才)が、子育てについて自身の考えを語った。11月30日に都内で、公式パートナー契約を結ぶJALの主催イベント「錦織圭×JAL スペシャルテニススクール」に登場した錦織は、トークショーの質問コーナーで、ジュニア選手から「今一番感謝したい人は誰ですか?」と尋ねられると、「まずは生んでくれたお母さんに優しく接することを心がけましょう。親になって分かることですが、子供の世話ってすごく大変。今までは僕も気づかなかったです」とアドバイスした。

 モデル時代に観月あこなどの芸名で活動していた錦織の妻(30才)とは、2年前の2019年12月に6年間の交際を実らせて結婚。今年の5月18日には、錦織が自身の公式アプリで「新しい命を授かりました。また一つ、成長した姿をお見せできるように頑張ります」と発表し、出産予定は年内とされていた。

 思えば錦織夫妻は、結婚まで簡単な道のりではなかった。あるスポーツ紙記者は「錦織選手の父親が長い間交際を反対していたのです。モデルにアスリートの妻が務まるわけがないと思っていたそうです。それでも、観月さんは、芸能活動は極力セーブして、ずっと錦織選手に付き添って世界ツアーを回っていました。そんな献身的なサポートに、次第に錦織パパも認めていったというわけです」と話す。

 ただ、結婚後の錦織の成績は、私生活の充実ぶりとは対照的に、下降線をたどっている。昨年夏には、新型コロナウイルスにも感染して、2014年には準優勝した相性の良い「全米オープン」を欠場。9月に1年ぶりにツアー復帰を果たすも、再び肩を故障した。今季も、東京五輪こそは3大会連続のベスト8入りを果たしたが、腰痛などもあり、全盛期には程遠い成績で、12月6日現在の最新ATP男子シングルス世界ランキングは47位止まりである。
 
 しかし、新たに守るべきものができただけに、来季に向けてモチベーションは上がっている。12月4日のテニスイベント「UNIQLO LifeWear Day 2021 テニスとサステナビリティ with 錦織圭」では「まだまだ成長していくのを感じています。もうすぐ32才になりそうですが、まだまだできると思っているので、強化を続けてやっていくことが、自分のすべきことかなと思います」と意気込み、再び世界に挑む覚悟を感じさせた。

 グランドスラムに手をかけかけた準優勝から早7年。夢はまだ成し遂げていない。内助の功を得て、テニスプレイヤーとしても、必ずもう一旗揚げてくれることだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン