国内

虐待が日常だったペット絶望工場 1000頭の犬はどこに消えたか

劣悪な環境で多数の犬が飼育されていたとされる施設。長野県松本市(時事通信フォト)

劣悪な環境で多数の犬が飼育されていたとされる施設。長野県松本市(時事通信フォト)

 2021年9月、新型コロナウイルス流行下で犬などのペット価格が高騰するなか盗難事件が急増したことを受けて、イングランドで「ペット誘拐」が新たな刑事犯罪として定められる方針となった。日本でもペット価格は高騰しており、それに伴い犬猫の大量生産と大量流通という歪みが露わになりつつある。そして2021年11月、フランスは犬や猫のペットショップにおける売買を2024年から禁止すると決めた。俳人で著作家の日野百草氏が、劣悪な環境で約1000頭の犬を飼育したとして逮捕されたペット事業者があった土地を訪ねた。

 * * *
「儲かっているとか聞いてないけど、人の出入りは多かったね」

 長野県松本市、牛伏川沿いを歩く男性に話しかけると戸惑いながらも答えてくれた。この周辺の住民はほとんどが知り合いだろう。同じ名字も多い。

「あまり知らないんだ、すいませんね」

 しつこく聞くことは自重した。ホテルのレンタルサイクルで借りた自転車で松本駅前から南へ数キロ下ると広大な畑が広がる。東には弘法山、小笠原氏を統一した信濃小笠原氏の拠点、林大城と林小城があり南に中山、その東に鉢伏山が続く。

「犬の話か、言えないな」

 三人の地元高齢者が牛伏川から西日を眺めていたので話かけたが断られてしまった。

「じゃあ犬のことは知ってるんですね」

 言葉をつなぐもすかさず手で払われた。この取材、いつになく難しい。松本市は決して小さな町ではないが、容疑者宅周辺は広大な畑を前に集落が小さくまとまっている。みな知り合いであり地元の仲間、よそ者に話さないのは当然だ。

 約1000頭の犬を劣悪な環境で恒常的に衰弱、死に至らしめたとして2021年9月に動物愛護法違反の疑いで家宅捜索を受けたペット業者「アニマル桃太郎」はこの地にあった。「あった」というのは元社長と従業員が11月に二度にわたり逮捕され、すでに廃業しているからである。元社長は保健所に登録した数の倍近くも上回る犬を繁殖し、ペットショップに卸していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト