スポーツ

新庄剛志「阪神時代はマスコミ嫌い、取材も受けなかった」盟友の証言

阪神時代はマスコミ対応が今とは大違いだったという(時事通信フォト)

阪神時代はマスコミ対応が今とは大違いだったという(時事通信フォト)

 オフの話題を席巻する日本ハムの“ビッグボス”こと新庄剛志監督。阪神入団当時は人気選手でありながら“問題児”のイメージもついて回った。実際にはどんな人物だったのか。新庄氏を間近で見ていた男たちの証言──(全3回の第2回)。

 * * *
 1988年のドラフト1位で入団した、新庄氏より2年先輩の中込紳氏の回想でも“セット”で登場したのが、亀山努氏だ。センター・新庄とライト・亀山の右中間コンビがチームを引っ張り、92年にチームは久しぶりに優勝争いを演じる。「亀新フィーバー」の当事者である亀山氏はこう語る。

「当時、チームは暗黒時代だったが、僕ら若手にとってはチャンスだった。チームの転換期で、1985年の日本一メンバーと若手が混在していた。だから、チームがどうこうではなくポジションを奪うために必死で戦った。1992年はラッキーゾーンが撤去された年で、球場が広くなったから機動力を生かそうという話になっていた。そういう意味では僕や新庄にとっては千載一遇のチャンスだった」

 そうしたなか、新庄氏はセンターに定着。そこには幸運もあったという。

「僕も運がよかったけど、新庄はもっと運がよかった。あの年はロースター枠(開幕一軍40人枠)があって、新庄は外れていたんです。ファームで大型内野手として育てるという構想だった。ところが、ロースター枠に入っていた嶋田(章弘)さんが左手首骨折で新庄がメンバー入り。5月にはサードを守っていたオマリーが骨折して、新庄が代役でスタメン出場。その試合で初打席の初球をレフトスタンドに本塁打ですからね。“持っている”のは間違いない。

 新庄は野球に対しては真摯で、グラウンドでは野球の話ばかりでしたね。常にポジショニングとかについて話していた」

 そうしたなか、新庄氏を悩ませていたのが、マスコミの取材攻勢だった。

「今はマスコミをうまく使っていますが、昔の新庄はマスコミが嫌いで、取材も受けなかった。関西のスポーツ紙はチームが強くなるほど、選手のプライベートに踏み込んでくる。勝つと選手の私生活に踏み込み、負けが込むと批判に転じる」

関連キーワード

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト