スポーツ

加瀬秀樹プロが語る妻との別れ 乗り越えた先にあった出会いと復活優勝

新しい家族の存在が力に(写真は2004年のサントリーオープン/共同通信社)

新しい家族の存在が力に(写真は2004年のサントリーオープン/共同通信社)

 もしも妻に先立たれたら──そんな仮定で人生を考えたことがない人が多いのではないだろうか。ただ、経験者の話を聞くと、長い人生のなかで“その時”に備えておくことが重要だとわかってくる。どのように悲しみを乗り越えていったのか、プロゴルファー・加瀬秀樹氏(62)に聞く。

 * * *
 1990年代の日本男子ゴルフ界では、AON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)の牙城に、数々の新進気鋭の若手プロが挑んだが、そのなかでも恵まれた体格からのゆったりとしたスイングを武器にしたのが加瀬秀樹プロ(62)だ。

 1990年にはメジャー大会「日本プロゴルフ選手権」でツアー初優勝。その20年後、シニアツアーのメジャー大会「日本プロゴルフシニア選手権」では、50歳でシニア入りしてから初めてとなる優勝を飾った。レギュラー・シニアの両ツアーでプロ日本一になったのは、中村寅吉や中嶋常幸など長い歴史で10人しかいない。

 18番グリーン上での表彰式の最後、加瀬プロは文子夫人と長男・哲弘くんを手招きし、カメラマンたちのフラッシュを浴びた―─。

「優勝するたびに表彰式で家族一緒に写真を撮ってもらう。それが、自分の励みになってきたことは間違いありません」

 そう振り返る加瀬プロだが、悲しい過去もある。1991年に前妻の京子さんを亡くしたのだ(加瀬プロは当時32歳)。

 前年の日本プロ優勝で賞金ランク8位となっていたが、1991年は賞金ランク20位、1992年は44位となり、1993年には70位と順位を落としていった。

「前妻を亡くしたのは、『日本プロ』で初優勝し、5年シードで試合に出られるようになった時でした。海外のツアーもエントリーしていて、スケジュールが詰まっていました。そうしたなか、急というか、シーズンオフでしたが、喘息で入院してそのまま亡くなってしまった。まさか命を落とすとは考えてもいなかった。

 その時は茫然としていましたが、悲しみを乗り越えるためにとにかくゴルフをするしかなかった。ひたすらボールを打ち込み、練習に明け暮れました。ただ、結果がついてこなかったですね。突然の別れが、ずっと頭の中にあるわけではないのですが、ふとした時に思い出す。ゴルフをするしかなかったのに成績が残せず、1993年には(ランキング50位以内に入れず)賞金シード落ちというどん底に落とされました」

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト