芸能

急逝の神田沙也加さん、後輩声優に伝えていた「プロとしての心構え」

ミュージカル『レ・ミゼラブル』製作発表での沙也加さん(2008年撮影)

後輩声優にさまざまなことを伝えていたという神田沙也加さん(ミュージカル『レ・ミゼラブル』製作発表での沙也加さん。2008年撮影)

 女優の神田沙也加さんが12月18日、札幌市内のホテルから転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。神田さんはミュージカル『マイ・フェア・レディ』の札幌公演に出演中で、来年4月にはミュージカル『銀河鉄道999 THE MUSICAL』にヒロイン・メーテル役で出演が決まっているなどミュージカル女優としての地位を確立していた。一方で、無類のアニメ・ゲーム好きだった神田さんはたびたび声優としても活躍し、共演した後輩に助言を惜しまず、愛されていた。

 神田さんを知るアニメプロデューサーが語る。

「神田さんはもともと『アニメやゲームの声優になりたかった』と公言するほど思い入れが強く、出演する作品には愛を込めることで知られていました。2014年に大人気ゲーム『ダンガンロンパ』の舞台で作品上の重要人物・江ノ島盾子を演じたのですが、同作品の大ファンだった神田さんはゲーム版の声優に演技指導を頼みこむなどして、それ以外の仕事を断わるほどの熱量を注ぎ込んだ。日常生活でも江ノ島の口調が抜けきらなかったと聞いています。

 非常に難しい役柄だったのですが、神田さんの好演にファンからは『江ノ島様が降臨した』と大好評で、舞台のシリーズ化が決まったほどです。制作側も神田さんへの敬意から、ゲームの続編では主演キャラの声優を用意し、アニメシリーズでも主題歌を歌ってもらっています」

 多忙なだけにアニメ・ゲームへの出演数はそれほど多くなかったが、出演すれば必ずファンに愛されるキャラクターを作り上げてきた。2017年2月に公開された人気アニメ『ソードアート・オンライン』の映画ではゲスト声優として出演しているが、今回の急逝でSNS上には〈ユナ(神田さんが演じたキャラクター名)の声がもう聞けない、、そう思うと涙が〉〈ユナの神田さんの歌声が好きでした〉と追悼のコメントが相次いだ。

 神田さんの最後のアニメ出演となったのは2021年1月から放送されていたテレビアニメ『IDOLY PRIDE』。新人アイドルがトップを目指すストーリーで、神田さんは不慮の交通事故で亡くなった伝説のアイドル役として出演している。同作に出演した声優の一人が語る。

「この作品はアニメだけでなく、漫画、ゲーム、ライブなどメディアミックスで展開するため、時間がとりやすい新人声優がほとんどでした。未成年のキャストや、この作品が初めての“名前有りキャラクター”という子もいます。それでも、沙也加さんは一回り以上歳が離れていて右も左も分からない私たちを常に笑顔で率いてくれました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン