芸能

立川志らくが振り返る談志との関係「他の弟子より明らかに可愛がられた」

立川談志とはどんな間柄だったのか

立川談志とはどんな間柄だったのか

 テレビの世界でも大人気となった落語家・立川志らく。志らくが、伝説の落語家・立川談志の愛弟子だったことを知らない世代も増えているかもしれない。志らくは日本大学芸術学部演劇学科で落語研究会に所属。1985年、サークルのOBである高田文夫氏の紹介で談志に入門した。当時を振り返る立川志らくインタビュー。【全3回の第2回】

 * * *
 私は昭和の名人、古今亭志ん生の長男である金原亭馬生師匠の弟子になりたいと思っていたんですが、1982年に亡くなってしまいました。意気消沈しましたが、その時、亡くなった馬生師匠の思い出話を寄席で語る談志を見て、落語に対しての愛情の深さを感じました。この人の落語を聞かないといけないと、寄席に通い出したんです。それまでは口の悪い議員タレントぐらいの認識しかなかった。それがすごい落語をしていて驚きました。

 でも談志はその翌年には落語協会を脱退して立川流をつくったので、寄席には出られない。しかも上納金まで取る。なにより、談志が怖い。弟子になるのは本当に嫌だったけど、本当に芸が好きなのはこの人しかいない。大学4年の頃は、その葛藤の日々でした。

 その頃、高田文夫先生が落研の合宿に来て、20人くらいいる部員の中で私の落語を聞いて、「才能あるのはお前だけだ。落語家になっちゃえ。なったら売れるよ」と言ってくれました。

「誰の弟子になりたいんだ」と聞かれて、ちょうど高田先生がビートたけしさんと一緒に談志の弟子になった直後だったので、反射的に「先生と同じです」と答えました。「いいセンスしてんなお前。俺が談志の弟子にしてやるよ」と言われ、そのまま弟子入り。当時の談志は、小さん師匠を裏切った形で独立して落語ファンの敵になっていたから、高田先生もそんな言い方をしたんでしょう。

 いざ弟子になってみると、想像を絶しました(笑)。こちらは緊張して口もきけないし、向こうはひたすら小言ばかりだし。私は音楽一家の倅で怒鳴られた経験なんてないし、家のことは何一つせず、シャツ一つ畳んだことがない。のほほんと育てられてきたのが、弟子になった途端に、マーガリンのナイフを刺したまま冷蔵庫に入れただけで「ばか野郎! この野郎!」と怒鳴られる。一挙手一投足に緊張して何をしていいのか分からなくなりました。

 けれど、そのうち他の弟子より明らかに可愛がられるようになりました。誰よりも早く落語を覚えたからです。「落語を二席覚えてこい」と言われたら四席覚えていく。そうしたら「おっ」となるでしょう。家事や用事を完璧にこなすけど芸事がダメな弟子と、雑用はできないけど芸事をしっかり覚える弟子、どっちが愛いやつかといえば、それは後者ですよ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン