ライフ

読書家の壇蜜とオカダ・カズチカが選んだ「2021年 私の3冊」

 ステイホームの時間も長かった2021年、有名人たちはどんな本と出会ったのか? 読書家として知られるプロレスラーのオカダ・カズチカさん、壇蜜さんに「私が選ぶ3冊」を聞いてみました。

●壇蜜さん(タレント)/コロナ禍の日常を綴った『新・壇蜜日記 人妻は嗜好品』が発売中

壇蜜さんが推すのは

壇蜜さんが推す『ふたりエスケープ』

『ふたりエスケープ』/田口囁一/百合姫コミックス
 常に締め切りに追われている新人漫画家の後輩と、現実逃避がライフワークの働かない先輩が織りなす女ふたり同居の物語。先輩の奇想天外な行動に振りまわされながらも、どこか気持が救われる後輩が可愛い。ガールズラブ要素もほんのり。トゲトゲした現実に疲れたら読みたいマンガ。

『ハンディ版 オールカラー よくわかる俳句歳時記』/石寒太/ナツメ社
『こども世界の宗教 世界の宗教と人々のくらしがわかる本』/島薗進・監修/カンゼン

●オカダ・カズチカさん(プロレスラー)/2021年、新日本プロレスの「G1 CLIMAX」を制覇!

オカダ・カズチカ選手が推す1冊

オカダ・カズチカ選手が推す『経験 この10年くらいのこと』

『経験 この10年くらいのこと』/上田晋也/ポプラ社
 本を読んで笑う人なんていないでしょ? そんなオカダの考えを変えた本です。初めて本で笑ってしまいました。ニヤニヤするだけではなく、声を出して笑いました。上田さんの例えツッコミを文字でも味わってほしい。今年1番沢山の人に勧めた本です。

『ザ・ファブル The second contact』/南勝久/ヤンマガKCスペシャル
『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』/藤尾秀昭・監修/致知出版社

※女性セブン2022年1月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス