ライフ

【書評】「三国志」の鼎立が今日の東アジア情勢を考える重要なヒントに

『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』著・福嶋亮大

『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』著・福嶋亮大

【書評】『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』/福嶋亮大・著/講談社/2200円
【評者】平山周吉(雑文家)

 曹操の魏、劉備の蜀、孫権の呉──お馴染み「三国志」の鼎立のうち、呉だけは「中国の統一」にこだわらなかった。この三世紀の政治状況は、「今日の東アジア情勢を考えるのにも、有益なヒントになる」と『ハロー、ユーラシア』の著者・福嶋亮大は言う。

 福嶋は香港をベースに21世紀中華圏を観察している中国文学者である。本書は文明史と政治思想史の観点を導入して、「一帯一路」を推し進める中華「帝国」と、その周辺の香港、台湾、新疆ウイグルを並列化する。地図は自ずと違って描かれる。

 返還前の香港は「呉」のポジションをとり、「グローバル・シティとして経済的繁栄を謳歌」したが、21世紀、香港の政治思想は独立志向の「本土」を打ち出した。それは大陸中国の思想界のイデオロギー「天下」への抵抗となる。「がけっぷち」に立つ香港の思想的営為は「文化防衛」論でもある。

 我々日本人が知っている中国思想といったら、せいぜい孫文の「三民主義」とか毛沢東思想しかない。本書では、日本にはほとんど紹介されていない、いまを思索する中国系の思想家が続々と登場する。百花斉放というべきか、諸子百家の戦国時代来たるというべきか。経済、人権、民族といったキーワードに収まりきれない中華圏の問題意識、歴史意識があぶり出されていく。

 さらにユニークな点は、民族学者の梅棹忠夫が一九五〇年代に提唱した「文明の生態史観」を当てはめ、香港の中国との闘いを、「清帝国の亡霊」との争いの最前線と見做す。

 一九四〇年代の大東亜共栄圏を合理化した「近代の超克」論も参照軸として持ち出される。「これは今ならば、一帯一路をアメリカの自由主義ともかつての中国の共産主義とも異なるプロジェクトとして、哲学的に正当化する態度に近い」という。

 中華圏の思想を「鏡」とすることによって、日本までが違って見える刺激的な書である。

※週刊ポスト2022年1月1・7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン