国内

危ない!「天皇皇后両陛下の車列にタクシーが」ハプニング一部始終

鉄道路線の成り立ちや歴史には、日本の皇室が大きくかかわっている(宮内庁提供)(写真/JMPA)

まさかのハプニング発生(写真/JMPA)

 皇室行事が並ぶ年末年始は、皇族方のお出ましの様子がメディアで報じられる機会も増える。2021年12月23日、上皇陛下が米寿を迎えられた。同日、天皇皇后両陛下は祝賀のため仙洞仮御所に足を運ばれたが、その直前、大きなハプニングが起きていた。

「長年両陛下のお出ましを見てきましたが、こんなことははじめてでびっくりしました。両陛下が乗られている車をはじめ、白バイや警備の車を含めた車列が完全に停止したんです」

 そう興奮気味に話すのはベテランの皇室ファンだ。

 2020年は、コロナ禍の影響で上皇陛下のお誕生日の祝賀行事は見送られたが、2021年は規模を縮小して実施された。水色のドレスと帽子をお召しの雅子さまは、白い手袋をはめた左手を頬の高さまで上げられ、沿道に集まった人に向け、車内から笑顔でお手ふりされていた。

 通常、両陛下がお出かけになる際には、車列は先導の白バイ、前衛の警備車両、両陛下が乗られている車、側近を乗せた車、後衛の警備車両などで編成される。長さはゆうに数十メートルに及ぶ。

 警備上の観点から、両陛下を乗せた車は途中で停車することはない。警察官が信号を操作し、両陛下が通過される際には必ず“青信号”になる。また、付近で規制が行われるため、車列通過時に一般車両が近づくことはない。

 その日も、車列は万が一に備えて歩道との距離を取るため、センターラインをまたぎながらゆっくりと荘厳に進んでいた。ところが―─。

「あと少しで仙洞仮御所の正門というところで、車列が停まりました。なにか起きたのかと驚いていると、反対方向から1台のタクシーが走ってきたんです」(前出・皇室ファン)

 沿道の警備にあたっていた警察官は、交通規制の際に使う赤い誘導棒を振りながらホイッスルを激しく吹きならす。車列の白バイは両陛下を乗せた車をガードするように左右にぴたりと張り付いた。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン