芸能

新年限定の正月番組が消えた? 三が日ですら「ほぼゼロ」の理由とは

司会やリポーターなどの仕事も少なくない

フジは『有吉の冬休み2022』を放送。同シリーズは「正月だけ見られる」わけではない

 2022年がスタートしたが、テレビ業界の新年の番組には新しい傾向が見られる。年が明けてすぐにしか放送されない正月番組がほぼ消滅してしまったのだ。いったいなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
「正月三が日」という言葉は、古くから現在まで使われており、実際に休みの企業や団体が多い中、テレビ番組だけは、その意味合いに変化が見られます。その変化とは、年に一度、正月三が日に放送される正月番組がほぼ消滅してしまったこと。

 まず元日、2日のゴールデンタイムを見ると、日本テレビ系は、『ウルトラマンDASH』『月曜から夜ふかし元日SP』『イッテQ新春SP!』『はじめまして!一番遠い親戚さん』を放送。基本的にレギュラー番組をベースにした特番を並べ、『親戚さん』も通常特番の1つです。

 次にTBSは、『ジョブチューン』『ドリーム東西ネタ合戦2022』『バナナマンのせっかくグルメ新春SP』を放送。こちらもレギュラー番組の特番を並べ、『ネタ合戦』も正月特番というより、通常ネタ特番の正月版という構成です。

 フジテレビは、『逃走中 元日3時間SP』『有吉の冬休み2022』『お笑いオムニバスGP』の通常特番を放送。いずれも「正月だけ見られる」のではなく、改編期や別の時期に見られる特番です。

 テレビ朝日は、『芸能人格付けチェック!2022お正月スペシャル』『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』を放送。「テレビ朝日だけは正月特番を放送」と言いたいところですが、『格付けチェック』は5年前から年3回放送に増え、『スポーツ王』もコロナの影響でここ2年間は休止していますが、10年前から年2回放送に増えました。

 これ以外はドラマの『相棒 元日スペシャル』(テレビ朝日系)、『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)が放送されるだけです。

 また、3日に目を向けても、『1億人の大質問!?笑ってコラえて4時間SP』(日本テレビ系)、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん 新春SP』(テレビ朝日系)、『冒険少年 新春!超・脱出島SP』(TBS系)、『VS魂 2022超豪華新春3時間スペシャル』(フジテレビ系)などレギュラー番組の特番がズラリ。3日夜で早くも、「ほぼ通常改編期レベルの番組表に戻った」という状態なのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス