国内

元官僚が予測する2022年の政治 「役所任せ」岸田政権の緊急時対応に懸念

元官僚の3氏は岸田政権をどう見る?(時事通信フォト)

元官僚の3氏は岸田政権をどう見る?(時事通信フォト)

「聞く力」を標榜する岸田政権の誕生で、世界に冠たるニッポン官僚は復活し、国の危機を乗り越えることができるのか。元官僚で政治とも縁深い寺脇研(元文科官僚)、原英史(元経産官僚)、豊田真由子(元厚労官僚、元衆院議員)の3氏が激論を交わした。【前後編の前編】

原:岸田内閣は始まったばかりでまだ評価できる段階ではないけれど、1990年代の橋本政権の頃から官僚主導への反省で政治主導が進み、それが民主党政権の頃から“何でも政治で決めればいい”との方向にちょっと行きすぎて、今度は岸田内閣でまた“官僚に任せればいい”と昭和の時代に揺り戻っているように見える。両極端に振れすぎているのは問題じゃないかと。

寺脇:最近までSNSには霞が関の官僚の書き込みが溢れかえっていた。夜遅くまで働かされ、中身のない仕事を毎日毎日やらされていると。明らかに正常な形ではなかった。政治主導が行きすぎたんです。

原:だから今は役所の人たちは大喜びですよ。

豊田:そうですよね。この天国が続いてくれと。

原:官僚は、こんな素晴らしい政権ができて「私たちで全部決めます」みたいになっている。ただ、オミクロン株の水際対策での騒動(国交省航空局の官僚が独断で航空会社に日本到着便の新規予約停止を要請した)はさすがにバカすぎる。昭和の時代にもあんなことはなかった。国を挙げてコロナ対策をやっている中で、官邸に上げなくては駄目でしょう。国交大臣にも相談していなかったというから、これは劣化が激しいなと。

寺脇:ボケちゃったんじゃないの、この10年で。

豊田:悪意があったわけではないと思う。やっぱり官僚にとって“物言えば唇寒し”の時代が長かったので。かつては政治と官僚の間にちゃんと信頼関係があって私たちの世代でも大臣室で自由闊達に意見を言えた。けれど政が官を無理やり抑え込むようになって、コミュニケーションが取りにくくなった。

 日本の官僚組織は三権分立で、行政の公正中立性を保つためにも政が官の人事に首を突っ込まないというのが暗黙のルールだったけれども、行きすぎた政治主導、さらに内閣人事局の創設でそのバランスを壊してしまった。能力が高くても政治に忖度しないと生き残れない先輩たちを見ていると、中堅若手は動けなくなっちゃいますよね。サボタージュというより身動きがとれない。

原:豊田さん、僕は内閣人事局の創設に直接かかわった。

豊田:あっ、先輩すみません。

原:全然(笑)。なんで内閣人事局をつくろうとしたかというと、その官僚がどれだけ実績をあげたか、能力があるかの人事評価を審査する組織をつくって、人事権を持つ大臣が恣意的に人事をできないようにするためでした。だけど、第2次安倍政権で発足した内閣人事局は、人事評価を真面目にやらなかった。結果として、官邸に忖度した人が偉くなれるんじゃないかと勘違いして、皆が忖度を始めた。今の内閣人事局が駄目なのはまともに仕事をせずに政治に人事を委ねてしまったことです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
女性セブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン