• TOP
  • スポーツ
  • 蛯名正義氏が語る エルコンドルパサーと凱旋門賞を目指した忘れ得ぬ日々

スポーツ

2022.01.07 16:00  週刊ポスト

蛯名正義氏が語る エルコンドルパサーと凱旋門賞を目指した忘れ得ぬ日々

1998年のジャパンカップ。エルコンドルパサーは日本調教馬として初めて3歳(旧4歳)で勝った(写真/JRA)

1998年のジャパンカップ。エルコンドルパサーは日本調教馬として初めて3歳(旧4歳)で勝った(写真/JRA)

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、エルコンドルパサーとの海外競馬の日々についてお届けする。

 * * *
 海外で競馬をしたいという思いは騎手になりたいと思った時からずっとありました。競馬オタクだった中学生の頃にジャパンカップが始まり、競馬学校時代には海外競馬もよく見ました。

 海外遠征は香港が最初です。1994年から1995年にかけて、森秀行先生のフジヤマケンザンという馬です。香港ではいまでこそ国際レースが多くなりましたが、その頃はあまり行く馬もいなかったし、競走体系も確立されていませんでした。

 1995年12月、当時まだGIIだった香港国際カップ。それまで香港で2回失敗していて普通ならクビなのですが、それでもチャンスをいただいたので、自分の中で期するものがありました。日本馬が海外の重賞を勝ったのは、これが史上初めてのことでした。

 エルコンドルパサーはデビューから1998年のGINHKマイルカップまで5連勝。NHKマイルカップでは僕もトキオパーフェクトという4連勝の馬で臨みましたが、距離が持たなくてこっぴどくやられました(笑)。

 秋以降は僕が乗るようになったのですが、当初は他のジョッキーが何人か候補にあがっていたそうです。

 ところが僕が夏競馬でエルコンドルパサーと同じオーナーのオフサイドトラップで重賞を連勝していた。そんなこともあってオーナーが僕に乗ってほしいと言ってくださったようです。

 毎日王冠ではサイレンススズカの2着でしたが、次のジャパンカップでは、スペシャルウィークやエアグルーヴを相手に勝つことができました。日本で調教された3歳馬(旧4歳)がJCを勝ったのはこれが初めて。僕にとっては2つ目のGIタイトルです。

 エルコンドルパサーは4歳になった1999年、拠点をフランスに置いて10月の凱旋門賞を目指すことになりました。

関連記事

トピックス